onair

2008年5月18日(日)放送screenshot

出光興産・天坊昭彦社長 (後編)  

原油価格高騰や暫定税率の廃止など石油業界を取り巻く環境は一層厳しさを増してい く中、 石油元売り大手・出光興産を2002年から率いている天坊昭彦社長は、前向きだ。
石油などの基盤事業を推し進める一方、高付加価値事業といわれる分野にも注力。
潤滑油や、次世代ディスプレイとして有望視されている有機EL、 半導体製造に不可欠なフォトレジスト材料のアダマンタンなどがそれである。
中期経営計画の最終年である今年度。出光興産の目指すものとは・・・。