onair

2007年5月13日(日)放送(後編)screenshot

吉野家D&C・安部修仁社長

吉野家ディー・アンド・シーは、牛丼事業を中心にナショナルチェーンを形成。 さらにM&Aにより、讃岐うどんチェーンの「はなまる」、デリバリーチェーンの 「上海エクスプレス」など、 多角化を含めた外食・飲食事業の展開を行っている。 また、今年10月には、すべての事業について会社分割を行い、持株会社「吉野家 ホールディングス」に移行する。 ホールディング会社となる必要性は?そして、その目指す方向は…。 42歳という若さで社長に就き、15年の長きに渡り「吉野家」を支えてきた安部修 仁社長の真意に迫る。