onair

2006年6月18日(日)放送(前編)screenshot

資生堂 前田新造社長

東京銀座で今から130年余り前に創業した化粧品メーカーの老舗、資生堂。その発祥の地である現・資生堂パーラーを訪ねる。明治、西洋のモダンな文化溢れる銀座。その銀座で花開いた資生堂。資生堂と銀座との関わりについて聞く。資生堂に入社して36年。前田社長は一度会社を辞めようと思ったことがある。そこに骨を埋める覚悟で立ち上げた「イプサ」ブランドが振るわず資生堂に戻されることになったときだ。辞めるべきか迷っていた。そのとき上司の一言が彼を思い留まらせた。人生を変えたその一言とは・・・。