onair

2006年5月14日(日)放送(前編)screenshot

東京海上日動火災保険 石原邦夫社長

2004年、東京海上保険と日動火災が合併し、国内最大級の損保会社として新たなスタートをきった東京海上日動火災。その舵取り役を務める石原社長は、現場の声を直接聞く「現地現場主義」を信条としている。その生の声から吸い上げ誕生した「新しい保険」は、保険金を支払うだけの保険業務から一歩進み、事故の予防、そして入院後のケアまで含めたライフスタイル全体の「安心」や「安全」をカバーするものへと進化した。石原社長が考える「新しい保険」とは。