onair

2005年12月4日(日)放送(後編)screenshot

本田技研工業・福井威夫社長

対談ゲストは今回も本田技研工業 福井威夫社長。「ワイガヤ」と呼ばれるボトムアップ式の意思決定がもともとホンダの持ち味だった。しかし、90年代前半の経営不振期に、当時の川本社長が本社の戦略立案機能の強化を打ち出し、トップダウン型へと転換。それがホンダ復活につながった。
だが、福井社長は「ホンダの伝統である現場への権限委譲を改めて進めないと一段の成長はない」として再びボトムアップ型の組織へと揺り戻した。
目下業績好調のホンダ。ロボットやジェット機の開発まで幅広く手がけるホンダの夢はどこに向かって進んでゆくのか?