番組紹介 introduction

必ず戻る きみのもとへ
2人の大君テグンが愛したのは――
ただ1人の女性だった

15世紀、朝鮮王朝に実在した首陽(スヤン)大君と弟、安平(アンピョン)大君の対立がモチーフとなった「不滅の恋人」。王位と1人の女性をめぐる兄弟の激しい争いと切ないラブストーリーが描かれた歴史大作。
大君テグン:王妃の産んだ王子の称号

優しい王子だが、愛する女性と国を守るため強く立ち上がる三男フィを演じるのは、さわやかなイケメンのユン・シユン。彼が主役を演じた「製パン王キム・タック」は韓国で最高視聴率49.3%を記録する大ヒットとなった。欲しいものは王座でも愛する女性でも力づくで手に入れようとする次男カンは、チュ・サンウクが大人の魅力たっぷりに演じている。また、2人に愛される純粋で芯の強いヒロイン、チャヒョンを演じるのは、「オクニョ 運命の女(ひと)」で主人公を務め、日本でも知名度抜群のチン・セヨン。

あらすじ

朝鮮王朝時代。国王と2人の大君イ・ガン(チュ・サンウク)とイ・フィ(ユン・シユン)の三兄弟。次男のチニャン大君ことイ・ガンは、幼いころは、病弱な長男の王位継承をおびやかさぬよう宮廷を出され、家族と離れて育った。一方、三男のウンソン大君ことイ・フィは、端正な顔立ちで心優しく、芸術の才能もあり、誰からも愛されていた。次男のイ・ガンは、宮中で育った優秀な弟と比べられ、軽視されることがくやしかった。
朝廷の重臣の美しい令嬢チャヒョン(チン・セヨン)は、絵を描くことが大好きなおてんば娘。ある日、花嫁修業を抜け出していたとき、偶然イ・フィと出会い、2人は恋に落ちる。なんと、兄イ・ガンもチャヒョンを気に入るが彼女が選んだのはイ・フィだった。