今どき落語

放送内容詳細[Topへ戻る]

林家 彦いち

林家 彦いち

春風亭昇太、柳家喬太郎、三遊亭白鳥らとSWA(創作話芸アソシエーション)という新作落語の団体を結成。その活躍が今どきの落語ブームや新作落語の名作誕生のキッカケを作る。

演目

「睨み合い」

林家彦いち自作自演のドキュメンタリー落語。古典落語ファンも納得の新作落語の名作です。舞台は夜更けの京浜東北線の車内。独自の観察眼から生まれた、日常と緊張が入り混じる、彦いち落語の世界をお楽しみ下さい。

林家 彦いち プロフィール
  • 師匠 初代林家木久蔵(現:林家木久扇)
  • 入門 平成元年12月
  • 所属 落語協会
  • 出身 鹿児島県
  • 出囃子 鞠と殿様
  • 光琳蔦
  • 趣味 カメラ、アウトドア全般(キャンプ・カヌー・釣り)、畑仕事
  • 芸歴 平成元年12月 初代林家木久蔵(現:林家木久扇)に入門、3番弟子になる。
    前座名「林家きく兵衛」
    平成5年5月 二つ目昇進
    大師匠林家彦六の「彦」の一文字を取り「林家彦いち」に改名
    平成14年3月 真打昇進
    平成15年 東京都立大学非常勤講師
    平成16年 SWA(創作話芸アソシエーション)を
    昇太、喬太郎、白鳥、山陽と旗揚げ
    平成18年 読売新聞に掲載したコラムが高校入試問題に採用
    平成20年 蘇民祭参加。NHK土曜時代劇「オトコマエ!」レギュラー出演

  • 受賞 平成12年度 10回「北とぴあ落語大賞」受賞
    平成12年度 NHK新人演芸コンクール落語部門大賞受賞
    平成15年 彩の国落語大賞殊勲賞受賞
    平成15年 第九回林家彦六賞受賞
    平成17年 彩の国落語大賞受賞

  • <解説> 主に新作落語を得意演目とする。
    厳つい顔をしているが笑顔はとても優しい雰囲気であり、本人も時折それをネタにすることがある。かつて爆笑オンエアバトルに出場し、落語家として唯一オンエアを獲得している。 執筆など出版物も多く、読売新聞に連載していたコラムが、高校入試問題に採用されている。
    新作落語の創作と発表の場として、春風亭昇太、柳家喬太郎、三遊亭白鳥らと結成した「SWA」の活動は後の「落語ブーム」や現在の落語会隆盛のキッカケを作った。

談志の芝浜~証言からの真実&テレビ初ノーカット一席

今どき落語特別編円楽 昇太 志の輔 一之輔 夢の競演

落語の極み

落語の極み