栄光のジェイン

キャスト

ユン・ジェイン(パク・ミニョン)

国家試験合格を目指す准看護師。
コデ商事の社長令嬢だが、9歳の時に遭った交通事故で記憶喪失になり、養護施設で育つ。自分の出生や家族については何も覚えていないが、いつも笑顔を忘れず何事にもめげない超ポジティブ思考の持ち主。進路に迷っていた高校生の頃、テレビ中継でキム・ヨングァンの9回裏逆転ホームランを見て、彼のファンになる。

1986年3月4日生まれ。
05年広告モデルとしてデビュー。06年「思いっきりハイキック!」で注目され、「アイ・アム・セム 〜I am Sam 〜」(07)ではKBS演技大賞新人賞を受賞。 その後「トキメキ☆成均館スキャンダル」(10)「シティーハンター in Seoul」(11)など話題作に連続出演し、トップスターの仲間入りを果たす。最新作は日本の大ヒットドラマ「JIN -仁-」の韓国リメイク版「タイムスリップ Dr.JIN(原題)」

キム・ヨングァン(チョン・ジョンミョン)

ホームラン王を夢見るプロ野球の2軍選手。
プライドと正義感だけは人一倍あるが、無鉄砲な性格のせいでいつも失敗ばかり。
なんとか続けていた野球も成績が伸びず、ついには球団から退団勧告を受けてしまう。そんなある日、試合中に負傷し病院に運ばれた彼の目の前に“ファン一号”を名乗る准看護師ユン・ジェインが現れ、人生の転機が訪れる。

1980年11月29日生まれ。
97年、高校2年生でスカウトされCMでデビュー。「学校2」(00)で役者デビューし、05年「ファッション70's」『台風太陽 君がいた夏』で注目を集める。06年には「キツネちゃん、何しているの?」で人気を不動のものとする。その後2年間の兵役を経て「シンデレラのお姉さん」(10)で華麗にカムバック。11年には「チャクペ -相棒-」で時代劇に初挑戦し、映画『青い塩』にも出演するなど活躍の場を広げている。

ソ・イヌ(イ・ジャンウ)

プロ野球のスター選手で、コデ商事ソ・ジェミョン会長の一人息子。裕福な家庭に育ち、自分勝手で生意気な性格だが、厳しい父には逆らえず常に怯えている。幼い頃に何者かによって誘拐された記憶がトラウマとなり、パニック障害を発症。治療のために看護人を付けても誰一人として続かなかったが、ユン・ジェインに出会ってからは、彼の心に変化が訪れはじめる。

1986年6月1日生まれ。
06年「90日、愛する時間」で俳優デビュー。09年には“24/7”のメンバーとして歌手としてもデビューを果たした。同年「怪しい三兄弟」で演技力が認められ、続いて出演した「笑ってトンヘ」(10)では、主人公を苦しめる悪役を演じて話題をさらい、一躍人気俳優に。本作「栄光のジェイン」(11)ではKBS演技大賞男性新人賞を受賞。最新作「I do I do(原題)」(12)ではキム・ソナと共演するなど、今最も注目すべき若手俳優である。

Licensed by KBS Media Ltd. ©2011 KBS. All rights reserved