駅弁業界の逆風に立ち向かう

各地の催事などで駅弁がもてはやされている一方で、じつは駅弁業界は逆風のただ中にある。
高速道路料金の割引や無料化による自動車利用増、列車の廃止・高速化…。
そのあおりを受けているのが、西日本地区の駅弁業者だ。
生き残り策を模索する“駅弁屋”たちを取材する。

さらば我が愛しき駅弁よ

50年の歴史を持つ、山口県下関駅の名物駅弁「元祖ふくめし」。 土地の名産であるフグを様々な料理で味わえる贅沢な弁当だ。
製造元である「下関駅弁当」の工場長・荒瀬正廣さん(60)は駅弁一筋に人生を送ってきた。
今年3月に定年を迎えた荒瀬さん。 しかし、その日を待たずに、「元祖ふくめし」は消滅することになった。
この先の売り上げが見込めないため、販売を終了せざるを得なかったのだ。
荒瀬さんの“駅弁人生最後の日”を描く。

絶景の北海道を行く

特別編となる今回は、太平洋シーサイドラインとも呼ばれる「JR室蘭本線」「JR日高本線」の旅を
じっくりと紹介する。
広大なサラブレッド牧場の間をぬって走る一両編成の列車。
洞爺駅を出た列車の窓いっぱいに広がる、内浦湾の絶景。 もちろん、駅弁も充実している。
絶景と名物駅弁が織り成す、味わい深い旅を取材する。

味、人、車窓

番組の三大要素である「味」「人」「車窓」。選りすぐりの駅弁を北から南へテーマ別に紹介。

・「味」〜地産地消へのこだわり
・「人」〜駅弁を彩る人間ドラマ
・「車窓」〜名物駅弁とともにある絶景

登場する駅弁たち

  • ・JR根室本線根室駅 「花咲かにめし」
  • ・JR室蘭本線母恋駅 「母恋めし」
  • ・JR日高本線静内駅 「日高つぶめし弁当」
  • ・JR函館本線長万部駅 「かにめし」
  • ・JR奥羽本線大館駅 「鶏めし」
  • ・IGRいわて銀河鉄道いわて沼宮内駅 「さなえばっちゃんのおこわ弁当」
  • ・真岡鐵道真岡線SLもおか 「野立御膳」
  • ・JR東海道本線清水駅 「桜えびすし」
  • ・JR高山本線高山駅 「飛騨牛しぐれ寿司」
  • ・JR予讃線今治駅 「瀬戸の押寿司」
  • ・JR瀬戸大橋線岡山駅 「特上祭ずし」
  • ・JR山陽本線宮島口駅 「あなごめし」
  • ・JR山陽本線下関駅 「元祖ふくめし」
  • ・JR肥薩線八代駅 「鮎屋三代」
  • ・JR鹿児島本線折尾駅 「かしわめし」