オリンピックに関する放送局の【偽サイト】が確認されています。アクセスされますと被害を受ける恐れがありますのでご注意ください。 この番組はBSテレ東4K(4K 7ch)で
超高精細な「ピュア4K映像」をご覧いただけます

ストーリー

  • 第11話 シーン1
  • 第11話 シーン2
  • 第11話 シーン3

1月2日(土)放送 第11話
委員長最後のリクエストドーン!吉田家特製紅しょうが天丼

父親の海外赴任の話を聞き、動揺する委員長(伊原六花)だったが、その話を吉田(小西詠斗)に言い出せないでいた。一方、母の命日が近い吉田はなんだか元気がない。そんな吉田に委員長は、吉田の大好物でどんぶりを作って欲しいと頼む。
吉田の大好物は母親(磯山さやか)が昔作ってくれたあるものの天ぷら。ハッピーで作ってみる吉田だったが、母親の味には何か足りない。そんな吉田に路子(宮崎美子)はクックパッドの画面を見せる。そのレシピで天丼を作ってみるとそれはかつて食べた母の味だった。そして…。

第11話のギャラリーを見る

第12話
さようならのドーン!再びの即席おんたま乗せ親子丼

二学期最後のHRで茨先生(鈴木拓)に呼ばれ、前に立った委員長(伊原六花)は、いきなり、父の海外赴任で転校すると言い出した。驚きを隠せない吉田(小西詠斗)。ざわめくクラスメートたち。
その帰り道、なんとなく気まずい委員長と吉田は、凍てつく寒さに、コンビニの肉まんののぼりに目が留まる。買い食い禁止の委員長は急いで家に帰り、肉まんを買って戻って来るのだが、いざ食べようとすると、走ったせいで体が受け付けない。形を変えれば食べられるという委員長は、吉田に肉まんでどんぶりを作るよう命じる。どんぶりが思いつかない吉田に委員長は、肉まんに何か付けて食べるか聞くのだが…。

第12話のギャラリーを見る

バックナンバー

番組を見逃した!そんな時は

©「どんぶり委員長」製作委員会2020

ページトップに戻る