この番組はBSテレ東4K(4K 7ch)で
超高精細な「ピュア4K映像」をご覧いただけます

最新情報

2019.05.25 「やじ×きた 元祖・東海道中膝栗毛」主題歌・サイン入りCDプレゼント!

ドレスコーズが歌う「やじ×きた 元祖・東海道中膝栗毛」の主題歌「Bon Voyage」が収録されたアルバム「ジャズ」(初回限定版)をサイン入りで10名様にプレゼントいたします!
※エンディングテーマとは異なるアレンジの「Bon Voyage」が収録されています。
たくさんのご応募お待ちしております。

応募期間:
5月25日(土)21:00
~ 6月1日(土)21:00 まで

募集は終了しました。

2019.05.17 第八話出演!ドレスコーズ・志磨遼平と弥次喜多コンビの3ショット初公開!

弥次喜多コンビと志磨遼平(ドレスコーズ)豪華3ショット初公開!3人のコメントも到着!

原作は十返舎一九の書いた東海道中膝栗毛で、和田正人演じる喜多八と、松尾諭演じる弥次郎兵衛が東海道を西へ『お伊勢参り』にかこつけた“自分探し”の旅の道中が描かれた本ドラマ。今週18日に放送される第七話では浜松を舞台に弥次喜多コンビが大奮闘します!

そんな第七話の放送を目前に、この度第八話にてカメオ出演が決定しているドレスコーズ・志磨遼平の役写真、弥次喜多コンビとの3ショットを初公開いたします!
主題歌を担当している志磨遼平は第八話で“島平役”で出演!いったいどのように弥次喜多コンビと絡むのか!ぜひオンエアでチェックしてください!その前に第七話もお見逃しなく!
※カメオ出演:俳優や歌手、監督や選手などがゲストとして少しの時間、映画やドラマなどに出演すること

第八話 あらすじ(5月25日放送)

喜多(和田正人)は志津(篠原真衣)という女性に頼まれて、ぎっくり腰の老武士、藤右衛門を助ける。志津は嘉納兵馬という男に父を殺され、叔父の藤右衛門と共に、仇討ちすべく相手を探していた。腕の立つ喜多は、藤右衛門の頼みで仇討ちに加わることに。
一方、弥次は山道で足を滑らせ、炭焼き小屋の兵吉とおちか(美都)に助けられる。おちかは兵吉に思いを寄せていた。
そんな中、炭焼き小屋に志津、藤右衛門、喜多がやって来て…。狐は果たして誰なのか?

志磨遼平 コメント

Q.“島平”役を演じられていかがでしたか?
映画やドラマの撮影は数えるほどしか経験がないのですが、どの現場よりもテキパキとスピーディーに撮影が進むことに驚きました。さすが太秦……!
そしてちょんまげの自撮りは知人に送ると鉄板です、ありがとうございます。

Q.弥次喜多コンビの印象をお聞かせください。
おふたりともご挨拶するなりあたたかく迎えて下さり、撮影が始まってからも和田さんは経験の少ないぼくを目一杯フォローしてくれ、松尾さんはシュールな笑いで緊張をほぐしてくれるのでした。
おかげで慣れないながらにアドリブを入れてみたりする余裕ができました。本当に役柄通りのチャーミングで暖かいコンビです。

Q.みどころを教えてください。
やはり人情味あふれる筋書きと、おふたりの快活なやりとりではないでしょうか。ぼくの出番は一瞬なので、どうかまばたきせずにご覧下さい。

和田正人 コメント

Q.(志磨遼平さんと)共演されていかがでしたか?
志磨さんは台本に書いているセリフを訛らせるなど、しっかりと役作りをして臨まれていました。アーティストさんはまた役者とは違った表現で、独特の空気を纏っていましたね。そしてしっかりと爪痕を残していかれたなと!正直、もう少し長く一緒にお芝居したかったです。

Q.主題歌「Bon Voyage」を聞かれた感想をお聞かせください
メロディーもそうですが、歌詞を見るとものすごく、僕たち“弥次喜多コンビ”に寄り添ってくれているなというのが第一印象でした。珍道中では情けない姿やかっこいい姿があるわけですが、情けなくダメな姿までを優しく包み込んでくれて、明日からまた次に進むために背中をそっと押してくれるような楽曲ですよね。現場にいたあの短い時間で感じ、ここまで見事に曲にしていただき、さすが志磨さんだなと思いました。
この曲によってやじ×きたがものすごく彩られました。そして、ブロマンス感も強まったなとも思います。

松尾諭 コメント

Q.(志磨遼平さんと)共演されていかがでしたか?
衣装を着て現場に現れたときは、どこの誰かと訝り、紹介を受けてなるほどとはなったものの、どうせちょこっと通りすがりくらいで出るだけなのだろうと思っていたら、思いもよらず強烈なインパクトを残していかれました。特に、走り。草鞋を履いてあんなに全力疾走できるのは恐らく志磨さんだけでしょう。

Q.主題歌「Bon Voyage」を聞かれた感想をお聞かせください
収録アルバムのタイトルが「ジャズ」ってのもふくめて、常に変化を求めながらも古き良きを大切にしているところが「やじXきた」とぴったりだなと。
聞いていると、喜多さんとの旅へのエールのようで勇気をもらえます。

ドレスコーズ最新情報

最新アルバム『ジャズ』発売中!


※エンディングテーマとは異なるアレンジの
「Bon Voyage」が収録されています。

初回限定盤(CD+DVD)

KICS-93796 / ¥6,800 + 税
[CD]全12曲収録
[DVD] 「12月23日のドレスコーズ」LIVE映像収録

通常盤(CD+DVD)

KIZC-537~8 / ¥3,500 + 税
[CD] 全12曲収録
[DVD] アルバム収録曲 MUSIC VIDEO収録予定

ドレスコーズオフィシャルサイト

https://dresscodes.jp/ (外部リンク)

2019.03.20 主題歌が“ドレスコーズ”の「Bon Voyage」に決定しました!

主題歌は“ドレスコーズ”の「Bon Voyage」に決定!
「やじ×きた」のための楽曲に!
さらに!ドレスコーズ・志磨遼平の出演も決定!

ドラマの主題歌はドレスコーズの「Bon Voyage」に決定しました!
「Bon Voyage」は、メンバーである志磨遼平が実際に「やじ×きた」の撮影現場で雰囲気を感じ、本ドラマの為に書き下ろした渾身の一曲。

曲中にある『そしてまた続く、ふたりの日々よ。行く先はどこでも、お前がいるなら。』、『I LIKE YOU Iに近いLIKE YOU 愛を誓い合わないI LOVE YOU』といった歌詞など、まさに「やじ×きた」の関係性を表現し彼らとリンクするような楽曲となっています。時代劇×ロックバンドという組み合わせが織りなす世界観を、ぜひご期待ください!
さらに志磨はカメオ出演も決定しました。一体どのように登場し弥次喜多コンビと絡むのか、こちらもお楽しみに!

志磨 遼平コメント

Q. 主題歌を担当されいかがでしたか?
番組から「ローリング・ストーンズの “友を待つ” のような曲が欲しい」という要望を受けたこと(結果的にそうはなりませんでしたが)、そして好きな役者さんばかりがキャスティングされていることに興味を持ち、昨年10月に太秦まで打ち合わせに出向きました。
そこで音楽監督がおっしゃっていた「弥次喜多のふたりは女目当ての下心で旅を続けたと言うけれど、実のところはお互いさえいれば充分で、いつしか目的は《ふたりで旅を続けること》になっていったんじゃないか」という話に着想を得て、同性に向けたラブソングが生まれました。
どうか、まもなく始まる放送を心待ちにしていただけますよう!

2019.03.20 「やじ×きた 元祖・東海道中膝栗毛」スタート特番 放送決定!

番宣特番
4Kで全部見せます!!
「やじ×きた」攻略スペシャル

放送日、4/1(月)夕方5時58分~、4/5(金)朝8時53分

4月6日(土)夜9時より放送する「やじ×きた 元祖・東海道中膝栗毛」をひと足先にチェック!

毎話旅先の“いい女”が女性ゲストとして登場。弥次喜多コンビは女性の気をひくために、公儀隠密になったり、お化けになったり、フンドシを被ったりと、何でもやるふたり。恋あり、涙あり、笑いあり、コスプレあり、そして活劇あり!!若い世代の初・時代劇にうってつけの旅と友情の相棒 (ブロマンス)時代劇がいよいよ始まります!
4月6日(土)の初回放送に先駆けて、スタート特番の放送が決定!ドラマの魅力を余すところなくお伝えします!お楽しみに!

番組内容

新番組「やじ×きた 元祖・東海道中膝栗毛」の魅力を探る番宣特番。本編12話分の見どころを紹介するとともに、毎回冒頭出演の案内役、噺家 瀧川鯉斗によるやじ×きたインタビュー。三遊亭小遊三さんも特別応援出演!! 喜多さんの和田正人、弥次さんの松尾諭、そして十返舎一九の竹中直人たちの楽しい撮影裏風景にも迫る。その他、東映太秦撮影所の熱気溢れるメイキング映像など、新時代劇をわかりやすく先取りできる、攻略ガイド番組です。

出演

喜多さん ・・・ 和田正人
弥次さん ・・・ 松尾諭
十返舎一九 ・・・ 竹中直人
ナビゲーター ・・・ 瀧川鯉斗(噺家)
特別出演 ・・・ 三遊亭小遊三(噺家)
その他、本編ドラマの出演者

放送日時

4月1日(月) 夕方5時58分 ~ 6時55分
4月5日(金)  朝8時53分 ~ 9時51分 (再放送)

2019.03.06 原作の作者ともなる十返舎一九役に竹中直人が決定!

弥次喜多コンビを追いかける(?)
作家・十返舎一九役に竹中直人、出演決定!
十返舎一九役竹中直人、案内人瀧川鯉斗より
コメントが届きました!

元役者のお調子者・“喜多さん”こと喜多八を演じるのは和田正人、芸術家気取りのエロおやじ・“弥次さん”こと弥次郎兵衛を演じるのは松尾諭と、ドラマの案内役には瀧川鯉斗というのは既報の通りですが、この度、のちに原作の作者ともなる十返舎一九役に俳優・映画監督・ミュージシャン・作家として幅広く活躍する竹中直人が決定いたしました!ペットであり相棒のモルモット・大福とともに弥次喜多コンビの奇妙な旅を追いかけて、面白いエピソードを執筆していきます。
今回、十返舎一九役の竹中直人、そして物語の案内人となる瀧川鯉斗よりコメントが届きました!

キャスト一覧ページはこちら

プロデューサーコメント
瀧川治水(BSテレ東 制作局制作部)

春爛漫の土曜9時は、「肩の凝らない旅時代劇」を。二人の落語的な面白さ、楽しさを凝縮。喜多さんの着物の中に熱い焼き蛤が滑り込む大騒動話、弥次さんが酷い下痢に悩まされながらも縄で柱に縛られてしまう逸話など、毎回捧腹絶倒です。和田正人さんと松尾諭さんの漫才のような掛け合いに、隠密に徹して彼らを追跡しながら滑稽本に仕上げる竹中直人さんの豪快な十返舎一九、その三位一体による諸国漫遊超喜劇!! ぜひご覧あれ!!

バックナンバー

©BSテレ東

ページトップに戻る