◆庄野宿 其ノ参

東海道五十三次 45番目の宿場

寛永元(1624)年に設置された東海道五十三次でもっとも最後に制定された宿場。名物は俵入りの焼穀。

庄野宿

◎焼穀

東海道の旅人が愛した庄野名物焼穀を次の世代に受け継ごうという宿場の人々が当時の味を再現。

ページトップへ

東海道とはトップへ戻る