杏が歩く!恋する東海道

フォトギャラリー

岡部宿其ノ壱

東海道五十三次 21番目の宿場

難所・宇津ノ谷峠を越えた先にある宿場。
現住所は、静岡県藤枝市岡部町。
江戸時代に建てられた大旅籠「柏屋」は
国の登録有形文化財に指定されている。

21.岡部宿

旅人の往来【再現】

旅人の往来【再現】 旅人の往来【再現】

東海道は江戸と京都を往来する人々や、大ブームだったお伊勢参りをする旅人で賑わっていた。
様々な身分の人々がそれぞれの「旅装束」で往来した。

宇津ノ谷峠

宇津ノ谷峠 宇津ノ谷峠 宇津ノ谷峠

鞠子宿と岡部宿の間にある峠。険しい山道が続く難所でもある。
伊勢物語に登場する「蔦の細道」と呼ばれる古道もある。
宇津ノ谷峠の手前で東海道と分かれ峠を越えた所でまた合流する。

大旅籠「柏屋」

大旅籠「柏屋」 大旅籠「柏屋」

岡部宿の代表的な旅籠で、1836年(天保7年)に完成。
国の登録有形文化財に指定されており、現在は歴史資料館として一般公開されている。
岡部宿の役割や当時の旅籠の様子、人々の暮らしぶりが感じ取れる。

静岡県藤枝市岡部町岡部817
【開館時間】9:00~17:00(入館16:30迄)
【定休日】月曜・祝日の翌日・年末年始休
【入館料】300円

ページトップへ

東海道とはトップへ戻る