杏が歩く!恋する東海道

フォトギャラリー

蒲原宿其ノ弐

東海道五十三次 15番目の宿場

広重の画には、雪景色が描かれているが、静岡ではなく新潟の蒲原の雪景色を意識したという説がある。
古い家並みが今でも残り、当時の宿場町の様子を垣間見ることができる。

15.蒲原宿

志田邸 寺小屋【再現】

志田邸 寺小屋【再現】 志田邸 寺小屋【再現】 志田邸 寺小屋【再現】 志田邸 寺小屋【再現】

国の登録有形文化財にもなっている「志田邸」。
もとは、醤油などを作っていた家で、残されている文書からここで「寺小屋」が開かれていたと推測される。
現在は、歴史館としても一般公開されている。

東海道町民生活歴史館
住所:静岡県静岡市清水区蒲原3-19-28
開館時間:9:30~16:30
定休日:月曜日及び祝日の翌日

ページトップへ

東海道とはトップへ戻る