■第14話『 スーパーウーマンでなくても構わない 』
 

強くなければいけないと常に努力してきたタルジャは、生まれて初めて寄りかかるテボンの肩に
安心感を感じ、愛する人に頼ることを学んでいく。そして、テボンの誕生日が過ぎたことを知った
タルジャは、彼のために特別な贈り物を準備する。一方、テボンの母親がタルジャの母親の食堂
を訪ねるが、そこで自分の夫と出くわしてしまう。