放送内容

#08 2015年11月30日(月) ※初回放送時の番組内容です
「秋の京都・嵐山から亀岡を巡る水彩画の旅」
出演:大和田伸也・中田あすみ・中村光伸(日本水彩画会京都支部長)

Photo01 Photo02 Photo03 Photo04 Photo05

大和田伸也・中田あすみの二人が、秋の京都・嵐山から亀岡を水彩画を描きながらの旅。地元の水彩画教室の先生に教わりながら、渡月橋をデッサン!そして風向明媚な寺を訪れ、紅葉を愛でながら筆を走らせます。さらに人気行列店の鯛茶漬けを味わい、トロッコ列車からの絶景に感動!旅のしめくくりは明智光秀ゆかりの地で、保津川を目の前に、感じるままに再び絵を描く。二人は水彩画の奥深い世界に引き込まれ、古都の秋を存分に満喫する。

作品対決

対決1:渡月橋でデッサンを描く
vsPhoto01
vs
vsPhoto01

勝ち

対決2:大沢池を水彩画に描く
vsPhoto01
vs
vsPhoto01
対決3:亀岡を水彩画に描く
vsPhoto01
vs
vsPhoto01

達人ポイント

  • POINT1感動したものを大事にして描く
  • POINT2自分なりの感じ方、描き方でいい
  • POINT3鉛筆は軽く持ち柔らかい線で描く
  • POINT4構図の中で形を変えて描いてもいい
  • POINT5構図が固まったら鉛筆を普通に持ち輪郭を描いていく
  • POINT6影の部分は斜めの線で入れる
  • POINT7水面を多く入れると建物が映った感じになる
  • POINT8水面の線は真ん中よりも上か下に描く
  • POINT9寺の屋根の反りを曲線で強調する
  • POINT10絵の具をパレットの部屋に順番に並べると混色を作る時に分かりやすい
  • POINT11にじみやぼかしにきれいな水を使うため小さい水槽では筆を洗わない
  • POINT12細い所は筆先を立て、広い所は筆の腹を寝かせて色を塗る
  • POINT13明るい所から色を塗っていく
  • POINT14濡れた上から色を重ねるとにじみが出る
  • POINT15動いているものは形を目に焼き付ける

達人プロフィール

達人

中村光伸(日本水彩画会 京都支部長)
大学時代に水彩画を学び現在に至るまでおよそ50年水彩画に携わる。
京都の街並みや寺社を中心に水彩画を描き続け、日本水彩画会賞を受賞した経歴もある。その時のテーマは東本願寺の山門。
透明水彩で写実的な絵をかくのが得意である。
現在は日本水彩画会の京都支部長を務めている。

MAP

仙台・松島を巡る俳句の旅

取材先情報

キモノフォレスト(友禅の光林)
住所京都市右京区嵯峨天竜寺造道町20-2(嵐山駅)
TEL075-873-2121(嵐電嵐山駅)
内容ライトアップの時間帯 日没~21:00
古都芋本舗(こといもほんぽ)
住所京都市右京区嵯峨天龍寺立石町2-1
TEL075-864-1212
内容営業時間 9:00~18:00年中無休
※営業時間は季節により異なります
古都芋(白ゴマ 黒ゴマ) 各160円
旧嵯峨御所 大本山 大覚寺
住所京都市右京区嵯峨大沢町4
TEL075-871-0071
内容拝観時間 9:00~17:00(受け付けは16:30まで) 無休
拝観料金 大人500円 小中高 300円

夜間特別拝観「真紅の水鏡」
11月13日~12月6日 17:30~20:30(20:00受付終了)
料金 大人500円
年度ごとに開催期間は異なります。詳しくは大覚寺までお問い合わせ下さい
鯛匠HANANA
住所京都市右京区嵯峨天竜寺瀬戸川町26-1
TEL075-862-8771
内容営業時間 11:00~鯛が売切れ次第終了 不定休
鯛茶漬け御膳 2,060円
嵯峨野観光鉄道(トロッコ列車)
住所京都市右京区嵯峨天竜寺車道町(トロッコ嵯峨駅)
TEL075-861-7444(自動音声対応)
内容始発~終電
トロッコ嵯峨駅発 9:07~日にちにより異なります
トロッコ亀岡駅発 9:35~日にちにより異なります
料金 620円
京馬車
住所亀岡市篠町山本地黒20
TEL0771-23-0920
内容営業時間 9:45~15:45 不定休
エサ代(人参1カップ) 100円
※詳細はHPでご確認下さい
ヘき亭
住所亀岡市千歳町毘沙門向畑40
TEL0771-23-0889
内容営業時間 11:30~14:00/17:00~21:00 ※完全予約制
武将めし 4,500円(昼のみ、12月20日頃から期間限定)
※詳細はヘき亭までご連絡ください

バックナンバーはこちら

TOPへ戻る