韓ドラ☆ 帝王の娘 スベクヒャン

BSテレ東BSテレ東
1月25日(金)午前10時55分スタート!
  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークにブックマークする

次回予告

2019年1月25日(金) 10時55分~
帝王の娘である“スベクヒャン”の座をめぐり異父姉妹の運命が交錯する、切ない愛と愛憎渦巻く大型ロマンス時代劇!
【全72話/韓国語放送・日本語字幕付き】

番組内容

時は6世紀初めの百済(ペクチェ)、24代王・東城(トンソン)王の治世末期。加林(カリム)城の城主で貴族のペク・カは辺境の地へ追いやられそうになっていた。娘のチェファは、王の従兄にあたるユンと密かに情を通じており、彼の子を身ごもっていた。ユンはわずか5千の兵で北魏(ほくぎ)の5万の兵と戦い、勝利して帰還するが…。

出演者

ソルラン(スベクヒャン)…ソ・ヒョンジン
ソルヒ…ソウ
ミョンノン…チョ・ヒョンジェ
チンム…チョン・テス
武寧(ムリョン)王…イ・ジェリョン
チェファ…ミョン・セビン
クチョン…ユン・テヨン

脚本・演出

【脚本】ファン・ジニョン
【演出】イ・サンヨプ、チェ・ジュンベ

ストーリー

6世紀の百済、第24代王 東城(トンソン)王の治世末期。加林城の城主ペク・カの娘チェファは、王の従兄にあたるユンと密かに情を通じ、彼の子を身ごもっていた。そうとは知らないユンは、もし娘を授かったら百済を守る花という意味の“スベクヒャン”と名付けようとチェファに話す。その頃、東城王から屈辱を受け、怒りを募らせていたペク・カは、ユンの側近にそそのかされ、東城王を暗殺する。

ストーリー2

ユンはこれに激怒し、ペク・カを自害に追い込むが、チェファも命を落としたと聞き、悲しみにくれる。ユンは第25代王 武寧(ムリョン)王として即位すると、東城王から託された息子チンムを守るため、実子ミョンノンと入れ替える。一方、家来のクチョンに助けられ伽耶へ逃がれたチェファは、娘を出産し“スベクヒャン”ではなくソルランと名付ける。

ストーリー3

時が過ぎ、ソルランは、出生の秘密を知らぬまま、チェファとクチョンの間に生まれた妹ソルヒとともに貧しくも幸せに暮らしていた。ところがある日、ソルヒはソルランが武寧王の娘だと知り、彼女に成り済まして王女の地位を手に入れようと画策しはじめ…。

関連情報

【番組ホームページ】
www.bs-tvtokyo.co.jp/soobaek-hyang/

次回放送の詳細はこちら

イントロダクション

帝王の娘である“スベクヒャン”の座をめぐり
交錯する異父姉妹の運命

物語の中心となるソルラン(スベクヒャン)役には本作が初主演となる「浪漫ドクターキム・サブ」のソ・ヒョンジン。
王女の座を狙うソルランの異父妹 ソルヒ役には「瑠璃<ガラス>の仮面」のソウ。
ソルランに恋心を抱く太子 ミョンノン役には「著童謡(ソドンヨ)」のチョ・ヒョンジェ。
そして、王が実の父親と知らず、憎み復讐を誓うチンム役には「トキメキ☆成均館スキャンダル」のチョン・テス。
三国時代を舞台に繰り広げられる切ない愛と愛憎渦巻く絢爛豪華な大型ロマンス時代劇。果たしてソルランは、百済(ペクチェ)を守る花<スベクヒャン>となり、国を守ることができるのか。そして、絡み合う人間関係の行方は…。

制作:2013年/全72話【韓国語放送・日本語字幕】

ストーリー

時は6世紀の百済(ペクチェ)、第24代王 東城(トンソン)王の治世末期。加林(カリム)城の城主ペク・カの娘チェファは、王の従兄にあたるユンと密かに情を通じており、彼の子を身ごもっていた。ユンは佐平(チャピョン)として戦に明け暮れ、チェファが身ごもっている事実を知らなかった。
そんなある日、戦地から帰ったユンはもし子供が出来、娘だったら百済を守る花という意味の“スベクヒャン”と名付けようとチェファに話す。
その頃、チェファの父ペク・カは東城王によって屈辱を受け、怒りを募らせていたが、娘とユンの関係を知り、東城王がいなくなれば娘が王妃になるのではと考えていた。そんな中、ユンの側近ヘ・ネスクから“ユンも東城王の死を望んでいる”とそそのかされ、東城王の暗殺を実行する。東城王を敬遠していたようにみえたが敬愛していたユンは、これに激怒しペク・カを自害に追い込む。ネスクはチェファがユンの子を宿していることを知るが、ユンを王にするためその事実を隠し、ユンにはチェファが命を落としたと伝える。
ペク・カの屋敷が炎に包まれ、父の側を離れようとしないチェファを家来のクチョンが助け、伽耶(カヤ)へ逃げると、そこで女の子を出産し、その子にユンと約束した“スベクヒャン”ではなくソルランと名付ける。
一方で、ユンは第25代王 武寧(ムリョン)王として即位し、“息子を守ってほしい”という東城王の遺言に従い、よく似ていると言われる自分の息子と彼の息子を入れ替え、側におくことで身を守り、そして王位につけようと考える。
時が立ち、チェファとクチョンの間に生まれたソルヒは、異父姉ソルランが武寧王の娘だと知って彼女に成り済ますことを考える。
こうして激動の時代に翻弄されながらも次第に権力を掌握していくスベクヒャンの波乱に満ちた物語がはじまる…。

キャスト

  • ソルラン(ソ・ヒョンジン)

    ソルラン(スベクヒャン)

    百済の第25代王 武寧王とチェファとの悲恋の末に生まれた娘。素朴な性格の持ち主であり、夜遅くに機織りをする母親の横で眠る生活に幸せを感じる平凡な女。妹ソルヒに王女の地位を奪われ、百済の諜報団の一員となる。

    ソ・ヒョンジン

    1985年生まれ。01年にアイドルグループ“ミルク”の一員として歌手デビュー。その後、女優へ転身し、2006年「ファン・ジニ」で本格的に演技を始める。「浪漫ドクター キム・サブ」(16~17年)、「愛の温度」(17年)などに出演。

  • ソルヒ(ソウ)

    ソルヒ

    月よりも美しいと言われるほどの美貌を持つ女。伽耶の村でソルヒの名を知らない者はなく、ソルヒを見て心を奪われない男はいなかった。しかし、落ちぶれた伽耶の地を抜け出したいと思っていたソルヒは、母親が夢うつつに話してくれた華麗な百済にいつの日か行こうと心に決める。

    ソウ

    1985年生まれ。07年に映画「My Son~あふれる想い~」でデビュー。過去の出演作は「タムナ~Love the Island~」(09年)、「シンデレラのお姉さん」(10年)、「瑠璃<ガラス>の仮面」(12年)などがある。

  • ミョンノン(チョ・ヒョンジェ)

    ミョンノン

    東城王の息子だが、幼い頃に入れ替えられ、武寧王の息子として育てられる。後に第26代王 聖(ソン)王となる。事にあたる時は氷のように冷たいが、民にはこの上なく寛大な、名実共に帝王の逸材。武寧王を助け、百済の復興にすべてを賭ける。

    チョ・ヒョンジェ

    1980年生まれ。99年にドラマ「カイスト」でデビュー。03年に出演した「ラブレター」で注目を集めた。ヒット作「薯童謠(ソドンヨ)」(05年)、「私の期限は49日」(11年)などに出演。

  • チンム(チョン・テス)

    チンム

    武寧王の息子だが、“息子のチンムを守ってほしい”という東城王の遺言を守る為、父である武寧王によって入れ替えられ、東城王の息子として育てられる。その為、父親が殺され一日で太子の地位から永遠に引き摺り下ろされたと思っている。

    チョン・テス

    1984年~2018年。07年にTwo SomeのMV「お元気ですか?」でデビュー。同年、ドラマ「恋愛日和」に出演し、本格的に俳優活動を始める。「王と私」(07年)、「トキメキ✩成均館スキャンダル」(10年)などに出演。実姉は女優のハ・ジウォン。