欧州 美の浪漫紀行

2010年10月6日(水)スタート 毎週水曜 夜8時

トップへ戻る

第二十集 ブリュッセル(ベルギー) ブリュッセル ベルギー王立美術館

  • <ブリュッセル ベルギー王立美術館>
  • <50周年の記念門>
  • <「愛撫」フェルナンド・クノップフ 作>
  • <「イカロスの墜落」ピーテル・ブリューゲル(父) 作>
  • <グラン・プラス>

ベルギーの首都ブリュッセル。古くから交易の要衝でしたが、常に強国の支配を受けていました。しかし15〜16世紀にはフランドル派、17世紀にはバロックの巨匠ルーベンスなど絵画史を彩る多くの画家たちを輩出。更に独立後の19世紀末、ヨーロッパを席巻する芸術の発信地となりました。その理由とは?ベルギー王立美術館、アール・ヌーヴォー建築、世界遺産のグラン・プラスなど、歴史を物語るブリュッセルの美を巡ります。