1月26日(土) 2月2日(土) 21:00~22:55 放送予定 全2回シリーズ
田原総一朗の仰天歴史塾・経済編~1989から世界と日本の今が作られた~
好評!田原総一朗の仰天歴史塾が帰って来る!ジャーナリスト・田原総一朗vs20歳の若者たち!


滝田洋一
日本経済新聞社
論説副委員長
「ニッポンの失われた20年」と嘆いている間に世界では先進国の経済に「変調」が起きている。今、資本主義経済・民主主義国家に何が起こっているのだろうか?そして今後、日本経済はどの道を選び、突き進むべきなのか?ジャーナリストとして戦後ニッポンを見つめてきた田原総一朗が、田原流の切り口で、ニッポンの生き残り策を見つけ出す。番組のキーワードは「温故知新」。
田原は今回、「1989」にこだわった。世界では「ベルリンの壁崩壊」「天安門事件」。日本では「バブル経済」が絶頂を迎えていた。「1989」をきっかけに世界と日本は変化を始める。まさに今の時代を創り始めた年なのである。番組では「1989」の出来事を分析し、今の時代が抱える問題に対する処方箋を探り当てる。
田原の頼れる相棒は、日本経済新聞の滝田洋一論説副委員長。日本を代表する経済ジャーナリストである。滝田は未来を見据えて論陣を張る。この番組は、戦後経済史から現代ニッポン・未来のニッポンを見通す番組である。