「明烏(あけがらす)」(2008/3/6)

大店のお坊ちゃんがおられまして、この人がずいぶん真面目な人でした。
朝早くから店の下働きの者に混じって雑用をしたり、夜は夜で店の者が寝静まってからも、一人仕事をこなすといった具合で、一般に2代目と言うと馬鹿息子が多い中、なかなかたいした人物でした。
ところが、この人がオクテな人でして、女性の手を握るのはもちろん、面と向かって話すことも恥ずかしがるような人でした。この坊ちゃんが、2人の悪友に遊郭へと連れて行かれたからさぁ大変。帰る帰るの大騒ぎ。当時の吉原には大門というのがございまして、ここで吉原に入る人の記録をつけていたのだそうで、不自然なことをして店から出てくると、この大門のところで留め置かれたそうです。ですから、先ほど3人で入ったのに、1人だけ出てきたとなると、なにかあったなと大門のところで留め置かれるのがオチだから、まぁ、今夜一晩だけ付き合いなさい、と諭されて、泣く泣く泊まることになります。
翌朝、友人2人が若旦那の部屋に行くと、若旦那が布団の中からいっこうに出てきません。痺れを切らした友人2人が、置いていくぞと脅したら、「帰れるものならお帰りなさい、大門のところで留め置かれるから」 さて、このお坊ちゃんに昨晩どんなことがあったのでしょう。

五街道 雲助 (ごかいどう くもすけ)

本名 若林 恒夫 (わかばやし つねお)
生年月日 1948年 03月 02日
出身地 東京本所
出囃子 箱根八里
剣かたばみ、裏梅

芸歴 昭和43年 2月 明治大学中退後、十代目金原亭馬生に入門 前座名「駒七」
昭和47年11月 二ツ目昇進 「五街道雲助」と改名
昭和56年 真打昇進
初高座 1968年 08月 31日
   場所 新宿末廣亭
   演目 初天神
得意ネタ 廓噺 圓朝噺
趣味 パソコン ビデオ鑑賞 ゼビウス