唐茄子屋政談(2007/11/22)

若旦那の徳さん、道楽が過ぎて勘当される。あちこち居候して親の有難さのわかったころにはルンペン同然、三日食わずで吾妻橋から身を投げようとしたところを通りかかった伯父に助けられた。伯父は内心たった一人の甥を案じているのだが、ここで性根をきたえなおさなければ…と、わざと徳を粗末に扱い、翌朝さっそく天秤に唐茄子をかつがせてあきないに出した。もちろん八百屋にしようというのではなく、苦労しているところを人づてにでも親に知らせてわびの手づるにしようという考え。若旦那はただ重い伊荷をかついで歩くだけ。吾妻橋を渡って広小路へ出たころにはま昼の日に照り付けられてふらふら、日陰に倒れこんでべそをかいていると、気のいいおせっかいが出てきて、顔見知りに声をかけて二つ残してあとの唐茄子を売ってくれた。ほっとした若旦那、ようやく売り声も出るようになり誓願寺店を通りかかると窮迫した浪人の女房が唐茄子を求めた。一つおまけににして荷をしまい、弁当をつかおうとするとそこの子供が欲しがる。三日も食べていないと聞いて身につまされた若旦那は、弁当もその日の売上もみなやってしまう。入れ違いに因業な家主が来て、店賃にその金を女房から取り上げる。女房は若旦那に申し訳ないと首をくくり長屋は大さわぎ。一方伯父は帰ってきた若旦那の話を信用せず、一緒に誓願寺店に来てみるとこの有様、怒った若旦那は家主をぽかり。役人が来て調べる。女房は発見が早く助かり、家主は不届きでお叱り、若旦那はこれがきっかけでわびがかなう。

古今亭圓菊

本名 藤原 淑 (ふじわら しゅく)
生年月日 1928年 04月 29日
出身地 静岡県島田市
出囃子 武蔵名物
裏梅

芸歴 昭和28年7月 古今亭志ん生に入門 前座名「生次」
昭和32年 二ツ目昇進「むかし家今松」と改名
昭和41年 真打昇進 二代目「古今亭圓菊」を襲名
昭和54年 落語協会理事に就任
後進の育成に力を注いでいる
初高座 1953年 10月 01日
場所 新宿末広亭
演目 道灌
CD、DVD、
書籍など
CD「えんぎく ぎんざ らいぶ(1)(2)
著書「背中の志ん生」「笑うが勝ち」「どの花みてもきれいだな」
得意ネタ 粗忽の釘 宮戸川 鮑のし 風呂敷 幾代餅 寝床 唐茄子屋政談
妾馬 井戸の茶碗 お若伊之助
受賞 昭和56年 厚生大臣賞
昭和57年 法務大臣賞
平成 3年 東京都功労賞
趣味 マージャン、ボクシング観戦