ヨネスケのふれあい田舎旅! ~余計なお世話でごめんなさい~

BSテレ東BSテレ東
12月11日(日)夜7時放送 【放送は終了しました】
  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークにブックマークする

番組概要

お年寄りをいじらせたら天下一品の男・ヨネスケが、全国の田舎暮らしのお年寄りのお宅を突撃訪問!
日々の暮らしのお手伝い、お世話を焼こうと、出会ったお年寄りの農作業のお手伝いをしたり、蔵の整理をしたり、また時には恋路のお世話まで首を突っ込み余計なお世話を焼いて失笑を買うことも・・・
ぶっつけ本番!はたしてどんなお世話が焼けるのか!?

ヨネスケのふれあい田舎旅! ~余計なお世話でごめんなさい~
お年寄りと、将来お年寄りになる全ての人にエールを贈る番組です。

番組内容

群馬県南牧村

群馬県南牧村は人口2,075人、内65歳以上のお年寄りが60%という高齢化率日本1の村。
お年寄りのお役に立てることはないだろうか? と村内を散策するヨネスケ。
83歳一人暮らしのおかあさんの家では、昼ごはんを作ってあげようと張り切るヨネスケ。ところが、出来上がると・・・アレ?こんなはずじゃあ・・・と、大笑い。
また、急斜面で畑仕事に精を出す89歳のおとうさん。
お役に立とうとヨネスケ奮闘・・・果たしてその結果は?
ふれあう人の笑顔がまぶしい南牧村でヨネスケが大活躍!?

新潟県糸魚川市筒石

昔ながらの独特の家並みと舟屋群が残る筒石地区。日本海に面した小さな漁港に続く集落では、山と海の間の狭い土地に220世帯が暮らしています。隣とくっつき合って立つ家々、そのほとんどが木造3階建て、懐かしい佇まいに胸を打たれるヨネスケさん。
出会った80歳のおかあさんの家では昔ながらの暮らしぶりを教えてもらった。
聞けば、おかあさん、現在唯一の悩みが「何を食べても太っちゃうこと」とか。そこでヨネスケ、とんでもない贈り物を!
活気溢れる漁港の水揚げ場では、78歳のおしゃべりが大好きなおかあさんの手助け。家族に普段言えないことをヨネスケが代弁?
どうなることやら・・・。

千葉県南房総市白浜町

夏場、アワビ漁の海女たちが活躍する房州白浜の海。
海女たちの平均年齢は73歳。
何かお役に立とうとヨネスケ、80歳の現役海女さんのお宅へ。
漁の無い日は得意のかきもちを作って孫やご近所に配るというおかあさん。早速ヨネスケにかきもちを揚げてくれた。
油で揚げて醤油をかけた素朴な味。千葉県出身のヨネスケ「おふくろが作ってくれた味とそっくり」と、亡き母を偲ぶ。
そのお返しに、と普段忙しくてできないことを勝手にお手伝い。なんともありがた迷惑、大騒ぎに?!
夫婦船で海女漁にでるご夫婦のお宅では・・・ヨネスケ、心を込めた手作りの贈り物。果たしてお役に立てるか?それともやっぱり余計なお世話?