時代劇☆お命頂戴!

BSテレ東BSテレ東
毎週月~金あさ8時53分 【放送は終了しました】
  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークにブックマークする

出演者

内藤左門…片岡孝夫(片岡仁左衛門)
浮雲の七兵衛…ハナ肇
村雨のお紺…新藤恵美
お歌…正司歌江
お京…伊藤さやか
徳川家慶…伊吹吾郎
冷光院…松坂慶子
ナレーター…寺田農

解説

テレビ東京にて1981年に放送された時代劇シリーズ。
江戸文化が爛熟退廃をきわめた天保初期。政治は不在、世上には悪が我が物顔にのさばり、まさに正義は地に堕ちていた。
思い余った青年将軍・家慶は、旗本の中で万斛の信頼を寄せる内藤左門にすべてを託し、錯綜した政務を的確にさばかせるとともに、葵紋を鞘に散らした白柄の刀を与え、天下万民のため徳川治世の秩序を乱す悪の粛清を命じる。
若き日の歌舞伎役者・片岡仁左衛門が、華麗な七変化そして黒紋つきの着流し姿で、一刀両断のもとに悪を地獄へ送るシャープな殺陣が見ものの痛快娯楽時代劇。

時代劇☆お命頂戴! 時代劇☆お命頂戴!

あらすじ

【第1話】

天保8年、徳川家慶は新しく第12代将軍の座についたものの、前将軍とその側近たちによるいわゆる大御所政治がはびこり、政治の夢を実現することが中々出来なかった。折りも折り、岩代12万石の若き主君、秀安が何者かに毒を盛られ、危うく命を取りとめるという事件が起きた。将軍・家慶は敏腕の奥祐筆・内藤左門を召し出し、世の正義のため闇に姿を消して粛清の刀を振るえと密命を与えた。左門は早速、江戸城を出て巷の遊び人に姿を変え、鉱山師くずれの香具師、浮雲の七兵衛と髪結床の女将・村雨のお紺を手下にして、岩代藩・丹羽家の探索を開始した。丹羽家では先君の病没後、秀安が養子として跡目を継いだのだが、その直後皮肉なことに正室が男子を産んだ。世評では、この御後室・冷光院が、我子を君主にしたいばかりに秀安に毒を盛ったと噂されていた。運命のいたずらか、この冷光院こそ、左門が3年前、将来を誓った最愛の女だったのである。左門への愛を抱きながら丹羽家からの縁談を断りきれず嫁いでいった哀しい女…左門は再会に揺れる気持ちを抑えて探索を続け、毒殺事件が実は冷光院に罪を着せるための陰謀であったことをつきとめる。一度、座った君主の座を守ろうとした秀安は、江戸家老の米倉甲斐と計って、世継ぎの資格を持つ冷光院の子を社会的に抹殺しようとしたのである。追いつめられた米倉一味は、仮面を脱ぎ捨てて冷光院を襲い兇刃を浴びせた。左門への愛を告白しながら死んでいった冷光院…左門の激しい怒りがついに爆する…。