世界を駆ける指揮者西本智実2016 8ヶ国に響く美しきシンフォニー

BSテレ東BSテレ東
12月31日(土) 午後1時 【放送は終了しました】
  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークにブックマークする

番組内容

熊本 体育館で演奏 エルサレム 旧市街

 
2016年。指揮者西本智実は世界8カ国を周り各地に美しい旋律を響かせた。
日本国内では、数々のコンサートでタクト振り続ける傍ら
自ら芸術監督として演出・指揮と魂を注ぎ込んだ「バレエ・くるみ割り人形」を上演。
た、10月には熊本へと赴き、被災者へ慰めと復興への希望を込めたメロディーを奏でた。

エルサレム  聖墳墓教会    ローマの街

 
そして30ヶ国以上を巡った今、ようやくたどり着いた場所。
それは「エルサレム」。ユダヤ教、キリスト教、イスラム教の聖地。
西本が音楽を志したきっかけの原点とも言える、いつか行きたいと願った場所。
かつて心を揺さぶったユダヤ系ロシア人の旋律、そして十字架に架けられたイエスの悲しみ。
そんなことを初めて振り返った西本。ここがまた新たな分岐点となる。

ヴァチカン サン・ピエトロ大聖堂    熊本県 益城町

 
そしてエルサレムを出てそのまま向かったのはカトリックの総本山「ヴァチカン」。
これほどの巡礼の旅は他にあるだろうか。
原点を追いかけるかのような時間の旅。
その先に見えたものは何か。
目には見えない音楽だからこそ届けられる想いとは…

◆出演  西本智実
◆語り  とよた真帆