堀尾正明×江川卓の昭和プロ野球 THEライバル~あいつにだけは負けたくなかった

BSテレ東BSテレ東
3月21日(土) 夜9時 【放送は終了しました】
  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークにブックマークする

みどころ

みどころ 名コンビ“元怪物・江川卓と堀尾正明”で送る第3弾! 今年もプロ野球界のレジェンド達がスタジオに登場、北別府、田淵、掛布と豪華ゲストが集結!プロ野球中継だけではわからない、名勝負の中に隠された物語にスポットをあて、ディープな昭和プロ野球の世界をお届け。

出演者

メインキャスター:堀尾正明、江川卓
ゲスト:北別府学(元広島)、田淵幸一、掛布雅之(元阪神)
進行:大橋未歩(テレビ東京アナウンサー)

内容



掛布(阪神)vs江川(巨人)、今明かされる「真っ向勝負」の真実!
プロ初対決(79年)で江川から掛布がホームランを打って以来、ライバルとして常に駆け引きなしの「真っ向勝負」を続けてきた掛布と江川。 だが一度だけ、江川は掛布を敬遠したことがあった。 82年9月甲子園、1点のビハインド、2アウト走者2塁、藤田監督から 敬遠を命じられた江川は立ち上がった捕手のミットめがけて、快速球を投げた。掛布・江川が今語る、まるで怒りを吐き出すようなその敬遠快速球に込められていた想いとは?


同郷であり、永遠のライバルとして投げ続けた平松(大洋)・松岡(ヤクルト)のプロ18年間の葛藤とは?
岡山出身で高校時代からライバルとして戦ってきた平松政次(大洋)・松岡弘(ヤクルト)。1965年夏の県予選準決勝では日没引き分け再試合の末、平松(岡山東商)が松岡(倉敷商)に勝利!2人とも社会人野球を経てプロ入り後、平松は低迷する大洋の中で孤軍奮闘、70年71年と2年連続最多勝と沢村賞を獲得。 一方、松岡はヤクルトのエースとして、78年リーグ優勝と日本一に貢献し、沢村賞を獲得。 お互いが常にその存在を意識し、切磋琢磨してきた平松と松岡。 平松201勝196敗、松岡191勝190敗。甲子園を目指して戦った思い出の地・岡山県営球場で、ライバルとしての18年の葛藤を今語る。




「打倒福本」盗塁王・福本(阪急)の盗塁を阻止すべく編み出した東尾(西鉄)の秘策とは?
盗塁王13回、通算盗塁数は世界2位の1065。偉大なる盗塁王・福本豊。 70年代、ピッチャーの誰もが「打倒福本」を目指していた。 後に通算251勝を挙げるライオンズの大エース、東尾修もまたその1人だった。 福本はシーズンオフのとある食事会の席で、「左肩が流れる」東尾のクセを当人に教えてしまった! 東尾は、その「クセ」を逆に利用して、福本の盗塁を阻止し始める。 東尾が生みだした「打倒福本」の秘策が今明かされる!




3代目4代目ミスタータイガース、田淵・掛布(阪神)、受け継がれた魂の系譜とは?
球団創設から今まで、チームの生え抜きとしてタイガースの4番打者を務めてきた中で、通算試合数のトップは初代ミスタータイガース藤村富美男、2位が田淵幸一、そして3位が掛布雅之。 誰よりも美しい放物線を描いたホームランを474本放ち、王貞治の13年連続タイトルを阻止した3代目ミスタータイガース田淵。 高校卒業後、ドラフト6位で入団した掛布は、クリーンアップを組み始めた頃から、4番の重圧を笑い飛ばすような田淵を尊敬していた。 だが、田淵にとっては運命を変えた78年オフの突然のトレード! チームの、自分の精神的支柱でもあった4番・田淵がいない喪失感にさいなまされながらも、新たな4番打者となった掛布は奮起し、79年初の打撃タイトル・本塁打王を獲得、田淵の後を継ぎ4代目ミスタータイガーとして活躍を始める。 常にお互いの存在を意識し続けた田淵と掛布、師弟関係に隠されたライバル心とは?

壮絶な優勝争いの中で「最多賞争い」を演じた江川(巨人)北別府(広島)の死闘、今だから語れる江川の本音とは?
宮崎県都城農高のエースとして活躍していた北別府は「招待試合」として母校を訪れた作新学院の江川と対決、その凄さに衝撃を受ける。 北別府がプロ入りして4年後の79年、江川がプロ入りし、すぐにその怪物ぶりを発揮、80年、81年と連続で最多勝を獲得する。 そして、82年、最後まで優勝争いをしていた中で、最多賞を競い合っていた江川と北別府。最終的には広島が優勝。北別府は江川に1勝差の20勝で最多賞のみならず、沢村賞など5冠のタイトルを獲得、投手として最高のシーズンとなった。 江川は投手の最高栄誉と言われる沢村賞を前年に続き逃してしまう(81年西本)。 北別府「江川がプロ入りしてから9年間、最多勝争いを何度かしました。私がプロ野球で勝ち星を重ねることが出来たのは、彼の存在が本当に大きかったと心から思っています」 江川「ピッチャーの中で最も意識していたのは北別府だった」 最多勝争いに秘められた、お互いの想いが今語られる!

番組の最後には、「2015開幕直前!ペナントレース大予想!!