ドラマ☆ 24 シーズン8

BSテレ東BSテレ東
12月31日(火)夜6時~
  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークにブックマークする

番組概要

さらば、ジャック・バウアー! 世界中に広がるアメリカTVドラマシリーズ
その頂点に君臨し続けた超人気ドラマ『24』
そのシーズン8がフリーTVで初登場! 
BS JAPANの一挙放送を見逃すな!

「24 -TWENTY FOUR- シーズン8」年末年始一挙放送!「24 -TWENTY FOUR- シーズン8」年末年始一挙放送!


リアルタイム・ドラマという革新的な技法でTVドラマの新たな歴史を作り、世界的大ヒットシリーズとなった『24』は、このシーズン8で一旦の終焉を迎えた。しかし、再び新シリーズ『24: Live Another Day』としてよみがえり、2014年夏の全米での放送に向け、現在ロンドンでの撮影を進めている。 

「24」シーズン8はニューヨークが舞台。国連本部では、中東の国カミスタンのハッサン大統領と、アメリカ初の女性大統領テイラーとの歴史的な和平交渉が行われている。ジャックはシーズン7で感染した病気の治療を終え、静かにLAに旅立とうとしていた。娘夫婦と同居し、平穏な余生を送るためだ。

「24 -TWENTY FOUR- シーズン8」年末年始一挙放送!そんなジャックの前に、かつての情報屋が瀕死の状態で訪ねてくる。カミスタン大統領の暗殺計画が進行中だというのだ。ジャックは、もはやCTU唯一の知り合いとなったクロエにその事実を伝えるが、上層部はその事実をハッサンに伝えるかどうかについて意見が分かれ、対応が遅れてしまう。その間に恐ろしい計画が着々と進行していく。


その巨大な波はジャックや、かつての仲間、ルネらを否応なしに巻き込んでいき、未だかつてないほどの危機がジャックと彼の愛する者たちに襲いかかる・・・。

ファイナルにふさわしいスケールとサスペンスで製作されたシーズン8。
「24」だからこその一挙放送!
今年の年末・年始はそのスリルと興奮で最終話まで目を離せない! 

ラインナップ

12月31日(火)夜6時~夜11時30分  / 1話(16:00)~6話(21:00)
12月31日(火)深夜0時45分~朝5時15分  / 7話(22:00)~11話(2:00)
1月1日(水)夜11時~朝5時 / 12話(3:00)~18話(9:00)
1月2日(木)深夜0時~朝5時 / 19話(10:00)~24話(15:00)

1話~6話

24

中東のカミスタンとの和平協定締結が行なわれようとしているニューヨーク、感染症から回復したジャック(キーファー・サザーランド)は娘のキム(エリシャ・カスバート)一家の住むロスへ引っ越そうとしていた。
そこへ以前ジャックが使っていた情報屋が現れ、カミスタンのハッサン大統領(アニル・カプール)暗殺計画の存在を告げる。

情報屋は暗殺者に狙われ、その死に際に大統領の周辺に内通者がいると言い残す。CTU上級データ分析官のデイナ(ケイティー・サッコフ)が、国連サーバーへの不正アクセスを発見、ハッサンと浅からぬ関係のあった女性記者が容疑者として捕まえる。

CTUに復帰していた分析官のクロエ(メアリー=リン・ライスカブ)は、あまりにも簡単に容疑者が浮上したことに疑問を感じ、独自に調査、怪しい人物を見つけ出し上官に報告するも聞いてもらえず、悩んだ末ジャックに協力を求める。

キムの助言もあり捜査に乗り出したジャックは、CTUのコール(フレディ・プリンゼ・Jr)と協力、危機一髪で路上爆弾テロからハッサンを救う。内通者は実は大統領の弟のファラド(アクバール・ルクサ)だった。

射殺された実行犯であるロシア犯罪組織のメンバーの身体から放射能が検出され、カミスタン反政府グループは核兵器に必要な濃縮ウランをアメリカ国内で入手しようとしているものと推測、その行方を掴むため、かつてロシア武器密輸組織に潜入し唯一成功した元FBI捜査官のルネ(アニー・ワーシング)が呼び出される。

ルネの自暴自棄な様子を心配するジャック。ロシア密売組織への潜入捜査を承諾したルネに、ジャックは濃縮ウラン買い手役を申し出る。
ルネはかつて潜入した組織のメンバーに接触し潜入に成功、濃縮ウランのありかを突き止めようとする。

7話~11話

24

濃縮ウランの売り手を突き止めようとするが、その動きを知った売り手側組織の襲撃に遭い、ジャックは拉致されてしまう。拷問を受けるジャックだったが隙を突いて脱出、首謀者を捕まえる。
首謀者が自白したトラックには既に濃縮ウランはなく、ファラド(アクバール・ルクサ)らカミスタン反政府グループの手に渡っていた。

弟ファラドの裏切りを知ったハッサン大統領(アニル・カプール)は、疑心暗鬼に陥り、母国の反政府指導者を次々と逮捕させていた。そしてその行き過ぎた行動に意見した側近のタリン(T・J・ラミニ)まで逮捕させてしまう。

タリンは友人の協力で移送途中に逃走、内緒で付き合っていた大統領の娘カイラ(ナズニーン・コントラクター)と市内のホテルで落ち合う。ジャックはCTUでルネと再会、事件が終わったら一緒に暮らそうと誓い合う。

濃縮ウランを母国に持ち込む計画がばれ、ニューヨークでの核爆弾テロ実行を言い出したメンバーに、ファラドは反発し組織から逃げ出す。ファラドはCTUに保護を求めるも、救出は間に合わず殺されてしまう。手がかりを失ったジャックはファラドが生きているものと偽装して病院にテロリストをおびき出す作戦に出る。

計画通り、ファラド抹殺にアメリカ人の母を持つマルコス(ラミ・マレック)が現れるが、罠だと気づき病院の酸素室に逃げ込んでしまう。母の説得にも動じないマルコスだったが、母を原爆の犠牲にするというジャックの言葉についに投降する。しかし、組織は自爆用ベストの起爆装置を遠隔操作、マルコスはタリンが共謀者だと言い残し爆死してしまう。母にタリンが危険人物だと知らされたカイラの元へ、ニューヨーク市警と共に駆けつけるジャック。

12話~18話

24

正体がバレたことを知りタリン(T・J・ラミニ)は大統領の娘カイラ(ナズニーン・コントラクター)を誘拐し隠れ家へ。タリンに助け出され、カイラはひとり車でCTUに逃げ込むが、それは罠で車に積んであった電磁波爆弾が爆発、CTUはその全機能を失ってしまう。

そしてその隙に反政府グループに濃縮ウランをマンハッタンに持ち込む。
反政府グループはアメリカ政府にハッサン大統領(アニル・カプール)を引き渡さないと核爆弾を使用すると宣言する。

テイラー大統領(チェリー・ジョーンズ)はこの取引を拒否するが、
このことを知ったハッサンは核爆弾と交換に自ら反政府グループへ投降する。ハッサンを取り戻すべく後を追うジャック(キーファー・サザーランド)だったが、寸前にCTUに潜入していた分析官のデイナ(ケイティー・サッコフ)の工作で逃げられてしまう。

正体がばれ逮捕されたデイナはジャックと交渉、ハッサンの生存を条件の免責をテイラーにもらう。
ハッサン救出に向かうジャックとルネ(アニー・ワーシング)たちだったが、結局間に合わずハッサンは殺されてしまっていた。
ハッサン死亡を受け和平会議中止に動くロシアに対し、大統領夫人のダリア(ネガー・ザデガン)を臨時大統領として和平会議開催にこぎつけようとテイラーは動く。

そんな中、ハッサンを殺され失意のジャックとルネはCTUを離れ、ジャックの部屋で2人は結ばれる。だがその直後、ルネはかつて面識があったロシア工作員に射殺されてしまう。

実は反政府グループをロシアが裏で糸を引いていたのだった。
和平会議の席に着こうとしないロシアだったが、ローガン元大統領(グレゴリー・イッチェン)の協力を得てロシアも和平会議に参加することになる。ロシアの関与を知ったジャックは真相を暴こうとするが、その動きを知ったローガンはテイラーにジャックを止めるよう指示を出す。

大統領からこれ以上の捜査をやめるようにいわれたジャックだったが、クロエ(メアリー=リン・ライスカブ)らCTUメンバーの制止を振りきり、ヘリを奪い逃走する。

19話~24話

24

ヘリを奪い逃走したジャック(キーファー・サザーランド)はコール(フレディ・プリンゼ・Jr)にデイナ(ケイティー・サッコフ)奪還の協力を求める。

そしてデイナはロシア関与の証拠のビデオファイルが銀行の貸し金庫にあることを白状し、3人で銀行に向かう。

一方、CTUにはローガン元大統領(グレゴリー・イッチェン)の指示で元FBIのピラー(リード・ダイアモンド)が送り込まれ、ビラーがCTUでジャック逮捕の指揮を取ることになる。

銀行で貸し金庫に仕掛けられた小型爆弾の爆破に乗じてデイナは逃亡するが、ジャックに捕まり射殺されてしまう。ビデオファイルを手に入れたジャックはハッサン大統領(アニル・カプール)と関係のあった女性記者に電話し、デパートで会う約束をする。

その通話を傍受したロシア側工作員が待ち伏せする中、ジャックは更にその裏をかき敵を一掃、ルネ(アニー・ワーシング)射殺犯も捕らえ復讐を遂げる。工作員の携帯にローガンとの通話記録を見つけたジャックは、ローガンを公用車を襲いローガンを拉致し、ロシアの首謀者がノヴァコビッチ(グレアム・マクタビッシュ)であることを聞き出し、ノヴァコビッチも殺してしまう。

ノヴァコビッチの死をローガンは真の首謀者であるロシア大統領のスワロフ(ニック・ジェームソン)に報告する。
しかしその通話はローガンに仕掛けられた盗聴器によりジャックに知られてしまう。スワロフ殺害のため国連に潜入するジャック。そしてジャックを思い止まらせようとするクロエ(メアリー=リン・ライスカブ)。

射殺を思い止まったジャックは証拠のローガンの会話記録をクロエに託すが、その計画は失敗、データは和平条約締結のためロシアの関与隠蔽に加担したアメリカ大統領のテイラー(チェリー・ジョーンズ)に渡される。

いよいよ調印の運びとなり、ロシア、カミスタンがサイン、しかしテイラーはサインをせず1時間以内に真実を話すとだけいい会見場をあとに…。

そして移送途中のジャック拉致・殺害計画を止めるようCTUに指示を出すも間に合わなかった。
真実が晒されることに絶望しローガンは自殺を図る。そしてジャックは…。

出演者(声の出演)

ジャック・バウアー キーファー ・サザーランド (小山力也)
クロエ・オブライエン メアリー=リン・ライスカブ (林真里花)
ルネ・ウォーカー アニー・ワーシング (魏涼子)
コール・オーティス フレディ・プリンゼ・ジュニア (加瀬康之)
ディナ・ウォルシュ ケイティー・サッコフ (大原さやか)
テイラー大統領 チェリー・ジョーンズ (久保田民絵)

相関図

相関図