バックナンバー

東京都大田区・谷口家

シリーズ1
家一軒丸ごとDIY(東京都大田区・谷口家)
2014年4月12日放送

家一軒丸ごとDIY

もともと呉服店だった築45年の2階建て一軒家に一人で暮らす谷口さん。内装業の仕事をしているため、自分自身で家を丸ごとリフォームしたいと考えている。さらに、リフォーム完成の暁には、将来内装業で独立した際のモデルルームとして使うことも考えている。外壁を板張りに変え、1階の土間スペースは農家風に仕上げ、2階の寝室は漆喰壁にする予定。木材はホームセンターで購入し、古い建具や家具はネットオークションや骨董市で調達するなど、お金をかけない工夫も凝らす。
シリーズ2
家一軒丸ごとDIY(東京都大田区・谷口家)
2014年4月12日放送

家一軒丸ごとDIY

もともと呉服店だった築45年の2階建て一軒家に一人で暮らす谷口さん。内装業の仕事をしているため、自分自身で家を丸ごとリフォームしたいと考えている。リフォーム完成の暁には、将来内装業で独立した際のモデルルームとして使うことも考えている。今回は、スペシャリストの助言を受けながら、外壁の板張りの取付けの続きと漆喰塗を行う。
シリーズ3
家一軒丸ごとDIY(東京都大田区・谷口家)
2014年4月26日放送

家一軒丸ごとDIY

もともと呉服店だった築45年の2階建て一軒家に一人で暮らす谷口さん。内装業の仕事をしているため、自分自身で家を丸ごとリフォームしたいと考えている。さらに、リフォーム完成の暁には、将来内装業で独立した際のモデルルームとして使うことも考えている。シリーズ3回目の今回は、“日本一の左官職人”であるスペシャリストの助言を受けながら、外壁の漆喰塗りを行う。
シリーズ4
家一軒丸ごとDIY(東京都大田区・谷口家)
2014年5月3日放送

家一軒丸ごとDIY

もともと呉服店だった築45年の2階建て一軒家に一人で暮らす谷口さん。内装業の仕事をしているため、自分自身で家を丸ごとリフォームしたいと考えている。さらに、リフォーム完成の暁には、将来内装業で独立した際のモデルルームとして使うことも考えている。シリーズ4回目の今回は、わざと汚したり古い感じを出したりする塗装「アンティークペイント」の第一人者・相良哲也さんに学びながら、2Fの洋間の床や押し入れを独特の質感で塗装する。
シリーズ5
家一軒丸ごとDIY(東京都大田区・谷口家)
2014年6月14日放送

家一軒丸ごとDIY

もともと呉服店だった築45年の2階建て一軒家に一人で暮らす谷口さん。内装業の仕事をしているため、自分自身で家を丸ごとリフォームしたいと考えている。シリーズ5回目の今回は、木の鎧張りを施した外観にそぐわなくなったアルミサッシを、木製の格子の建具に取り替えることに。建具職人歴55年のスペシャリストの助言を受けながら、格子戸風のサッシを作る。
シリーズ6
家一軒丸ごとDIY(東京都大田区・谷口家)
2014年7月12日放送

家一軒丸ごとDIY

もともと呉服店だった築45年の2階建て一軒家に一人で暮らす谷口さん。内装業の仕事をしているため、自分自身で家を丸ごとリフォームしたいと考えている。シリーズ6回目の今回は、外構工事職人のスペシャリストに学びながら、土間を「洗い出し」で仕上げる。
シリーズ7
東京都大田区・谷口家
2014年8月30日放送

家一軒丸ごとDIY女子

もともと呉服店だった築45年の2階建て一軒家に一人で暮らす谷口さん。内装業の仕事をしているため自分自身で家を丸ごとリフォームしたいと考えており、これまでに、外壁の板張り、壁の漆喰塗、床のアンティークペイント、格子戸作り、土間の洗い出しを行ってきたが、その後も自ら土壁を塗るなどDIYを重ね、ついに完成を迎えた。今回は谷口さんがDIY好きの滋賀県の父親とともに、土間に縁台を作る。「土間に七輪を出して肴を炙りながら、縁台でお酒が飲みたい」という夢を叶えるべく、親子で奮闘する。