ソーシャルメディア
公式アカウント

    動画配信サービス

      出演者コメント

      ラインナップ

        番組概要

        人生100年時代の到来で将来どう過ごすのか。楽しく、ゆとりある人生を過ごすためにもお金の知識はとっても大事です。そこで見て欲しいのがBSテレ東の新番組「日経スペシャル マネーのまなび」です。日本経済新聞、BSテレ東など日経グループの知見を総動員。“今さら聞けない”マネーの初歩の初歩についても、誰にでもわかるように可能な限り丁寧に説明します。メーンキャスターは元財務官僚で、報道番組キャスターを務めた経歴でも知られる村尾信尚。皆さん、将来のために一緒にマネーを学びましょう!

        出演者情報

        村尾信尚
        村尾信尚(関西学院大学教授)岐阜県高山市出身。大学卒業後、大蔵省(現財務省)に入省。国が使うマネー(予算)を精査する主計局主計官や国がマネーを調達するため発行する債券(国債)を担当したという、いわば「国のマネー」の専門家。ただ、スマホを使った金融サービスやキャッシュレスなど最新のマネー事情についてはわからないことばかりなので、番組を通じて鋭意勉強中。
        池谷亨
        池谷亨(テレビ東京 チーフコメンテーター)テレビ東京「NEWSモーニングサテライト」のキャスターやNY支局キャスターを務めたテレ東随一のマネー通。株式、債券、不動産関連などマーケット関連の取材経験が豊富で、ネットを通じた情報発信にも積極的。
        繁田美貴
        繁田美貴(テレビ東京 アナウンサー)東京都出身。2007年入社。バラエティ番組を担当することが多く、経済番組に携わる機会はあまりなかったが、2021年4月に育休から復帰したタイミングで、最新のニュースとマーケット情報を扱う「昼サテ」を担当するように。元々はマネーに無頓着で散財癖があったものの、結婚・出産等を機に改心。家計簿は5年以上つけ続けている。アナウンサーとしてはもちろん、育児に奮闘する一女の母、主婦としても、マネー情報に興味津々。
        大口克人
        大口克人(日本経済新聞 マネー編集チーム副チームリーダー)1991年日経ホーム出版社(現・日経BP)に入社。「日経マネー」編集部に配属され、以降12年以上在籍。日経ゼロワン編集長や日本経済新聞マネー報道部長などを経て、2020年から現職。

        【視聴者へのメッセージ】
        「お金の知識」――世の中でこれほど知っている・知らないで違いが出るものはありません。「長期・分散・積立投資は20年くらい続ければプラスで終わる確率が高まる」という単純なことだけでも、正しく知って実践すれば長い人生を生き抜く力になります。ただ知らないだけで損をしないよう、投資や年金、税金、保険などについては常にアンテナを立てていきたいものです。投資も怖いものではなく、それを通じて生きた経済や社会が学べるすごいツールで、むしろ楽しいものだと思います。私たちと一緒に楽しくお金を学んでいきましょう。
        小栗太
        小栗太(日本経済新聞 編集委員 兼マネーのまなびチームリーダー)1991年 日本経済新聞社に入社。四半世紀にわたってマーケットを取材。2013~14年に米コロンビア大学ビジネススクールの客員研究員を務めたほか、日経ヴェリタス編集長などを経て現職。主な著書に「円相場の終わり」、「真説バブル」(共著)など。

        【視聴者へのメッセージ】
        マネーの知識を得ることは、人生の強い味方を得ることに等しいと思います。
        田村正之
        田村正之(日本経済新聞 編集委員)証券アナリスト(CMA)、社会保険労務士、ファイナンシャルプランナー(CFP)の資格を持つ個人マネーや年金のエキスパート。著書に「人生100年時代の年金・イデコ・NISA戦略」など。田村優之の筆名で小説を執筆、「青い約束」(松本清張賞最終候補)は13万部。

        【視聴者へのメッセージ】
        かつて日本では、資産形成がどこか気恥ずかしいことのように思われていました。しかし十分なお金をもつことは、職業選択・結婚生活・リタイアなど様々な面で人生の選択肢を広げてくれます。言葉を変えると、自分を自由にしてくれるということでもあるでしょう。効率的に資産形成をするためには、投資と社会保障の様々なセオリーを知ることが大切です。皆さんと一緒に楽しく勉強していきたいと思います。
        塚本奈津美
        塚本奈津美(日経ヴェリタス編集長)ミクロ、企業財務、マーケット、資産形成などを中心に取材。2017年からヴェリタス編集部、法務報道部を経て2020年から現職。

        【視聴者へのメッセージ】
        備えあれば憂いなし。そろそろ自分も、自由に生活するための備えとして「お金」を本気で心配しなければならないトシになってきました。知ったふりをせずにひとつひとつ学び、注意深く行動することで世界は少し変わります。番組「マネーのまなび」を通じて視聴者の皆様が「オカネ」にまつわる知識を学び、自由でゆったりした暮らしを手に入れるためのお手伝いができれば嬉しいです。
        手塚愛実
        手塚愛実(日本経済新聞 マネー報道グループ長)ミクロ取材に携わった後、テレビ東京報道記者を経て、2006年から個人マネーの取材、編集に携わる。個人のマネーリテラシー向上につながる情報発信に力を入れている。

        【視聴者へのメッセージ】
        普段は電子版や新聞でお金についての実用情報をお伝えしていますが、テレビで「映像とお金」をコラボさせることによって新しい切り口と表現方法で情報発信できることにわくわくしています。映像には活字にはない力があります。家計や資産運用、年金や税金などのマネー情報をより身近に感じていただけるのではと期待しています。人生100年時代のお金の知恵を一緒に考えていきましょう。

        番組公式Twitter

        ソーシャルメディア
        公式アカウント

          ジャンル

            おすすめの関連番組

            あなたにおすすめの番組