世界で一番近い名画

BSテレ東BSテレ東
月曜 夜9時55分
  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEでシェアする
  • はてなブックマークにブックマークする

次回予告

2020年6月1日(月) 21時55分~
大塚国際美術館にある原寸大の陶板名画。今回紹介するのは、スペイン最高の画家として地位を得たフランシスコ・デ・ゴヤが描いた「裸のマハ」と「着衣のマハ」

番組内容

「裸のマハ」はスペイン絵画史上初の“生身の裸婦像”とされている。
▽19世紀初頭のスペインでは、女性ヌードを描くのであれば神話の女神であるという建前が必要だったが、ゴヤはその常識に逆らった神話的な要素をとくに盛り込まず裸で横たわる1人の女性像としてこの作品を描いた。
「着衣のマハ」の方が「裸のマハ」に比べると大きく描かれており背景なども簡素に描かれていることから、「裸のマハ」を覆い隠すために「着衣のマハ」を急遽制作したともいわれている。

出演者

【出演】
 市川紗椰
【ナレーション】
 近藤サト

番組概要

フェルメール、ダ・ヴィンチ、ルノワール。世界中を旅しなくても選りすぐりの名だたる名画が一堂に会する美術館が日本の徳島県鳴門市にある。その名を大塚国際美術館。そこにある名画たちは、原画を原寸大に再現した陶板名画。実物ではかなわない触ることが出来る名画なのだ。そんな名画たちを一夜1枚づつ、その絵にまつわるエピソードとともに紹介する。

次回放送の詳細はこちら

本編配信

2020年5月25日(月)放送
「ダンス3部作」(ピエール= オーギュスト・ルノワール)

作品名: 「ブージヴァルのダンス」「田舎のダンス」「都会のダンス」
作者: ピエール= オーギュスト・ルノワール
原画所在地: 「ブージヴァルのダンス」ボストン美術館(アメリカ) / 「田舎のダンス」「都会のダンス」オルセー美術館(フランス)
制作年: 1883年(3作共通)

▼作品メモ
▽印象派の巨匠・ルノワールが描いた“ダンス3部作”「ブージヴァルのダンス」「田舎のダンス」「都会のダンス」
▽印象主義をきわめたルノワールが印象派の作風から古典主義的な作風へ移行しようとしていた頃の作品である。
▽「ダンス3部作」の中で唯一「田舎のダンス」の女性だけがこちらを見つめている。
 モデルはルノワールが住むアトリエの近くで働いていたアリーヌと考えられている。
 この作品を描いた7年後にルノワールとアリーヌは 結婚している。
 彼女が持っている日本の扇に、当時のジャポニスムがうかがえ。
▽「ブージヴァルのダンスと「都会のダンス」のモデルは、シュザンヌという女性をモデルにしているシュザンヌは画家ユトリロの母である。
▽3枚を描くうちに、印象主義をキャンバスから徐々に消していき、古典主義へと傾倒していった。

大塚国際美術館

大塚国際美術館

世界26ヶ国、190余の美術館が所蔵する名画1,000余点を特殊技術によってオリジナル作品と同じ大きさに陶板で複製し展示している。
それらは原画が持つ本来の美術的価値を真に味わうことができ、日本に居ながらにして世界の美術館を体験することができる。

ラインナップ