だから私はメイクする

BSテレ東BSテレ東
木曜 深夜0時
  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEでシェアする
  • はてなブックマークにブックマークする

次回予告

2021年3月4日(木) 24時00分~
「メイクする理由」を通して見えてくる現代女性たちの生き様を描いた共感必至のストーリー!リアルなコスメブランドも登場◇「忙しい」に支配されない15秒の気分転換とは?

番組内容

プレゼン勝率は100戦全勝!深夜に及ぶ仕事でも翌日にはその疲れをまったく見せず、身だしなみも完璧なキャリアウーマン・北郷兎咲(太田莉菜)。その影には美と仕事を両立させる独自の“ワークビューティーバランスメソッド”があった。ある日、アメリカ帰りの期待のエリート男性社員と社内コンペで競うことに!
仕事に家庭に順風満帆のライバル出現に正々堂々挑む兎咲だったが、時間がない中煮詰まり、私生活のバランスが崩れ、中間プレゼンでライバルと差がついてしまう。そんな状況を変えるべく、リラックスできる方法を求め先輩・熊谷(神崎恵)の元を訪れる…。「忙しい」と「仕方ない」に支配されないための、15秒でできる気分転換とは?

出演者

熊谷すみれ(くまがいすみれ)…神崎恵
近藤芽生(こんどうめい)…志田彩良
山本織香(やまもとおりか)…吉田朱里(NMB48)
北郷兎咲(きたごううさ)…太田莉菜
岡田典子(おかだのりこ)…奥村佳代
増本巧(ますもとたくみ)…染谷俊之
沢木(さわき)…ヒデ(ペナルティ)

原作脚本

【原作】シバタヒカリ「だから私はメイクする」(祥伝社)
【原案】劇団雌猫「だから私はメイクする」(柏書房)
【脚本】坪田文

監督・演出

【監督】岸本鮎佳

音楽

【主題歌】
lol-エルオーエル-「restart」
(avex trax)

次回放送の詳細はこちら

イントロダクション

メイクする理由から現代女性のリアルな生き様を描く
「だから私はメイクする」が初ドラマ化!
主人公の美容部員役にドラマ初主演の神崎恵!
レギュラーキャストには志田彩良、吉田朱里(NMB48)が決定!

本作は、メイクを通して浮き彫りになる「社会」や「自意識」と戦う女性たちの悲喜こもごもを描いた物語。毎話、様々な女性の「メイク」にまつわるエピソードが繰り広げられます。
自分のメイク道を極め続けるうちにあだ名が「マリー・アントワネット」になった女性、職場の男性たちからされる「見た目へのアドバイス」にうんざりしている女性、仕事で多忙な日々を送る中で自分を奮い立たせるためにコスメに大金を投じる女性など、人それぞれの「メイクをする理由」を描くことで現代をたくましく生きる女性たち(時に男性も)の様々な姿を映し出します。多くの共感を呼ぶこと間違いなしの人生讃歌です。

原作はシバタヒカリ作のコミック『だから私はメイクする』(祥伝社)。『浪費図鑑』で知られるオタク女性4人組・劇団雌猫によるエッセイ集『だから私はメイクする』(柏書房)を原案とし、『FEEL YOUNG』にて連載され、多くの女性に支持されている話題作。「自分がどうありたいか」と向き合う、共感必至のオムニバス・ストーリーです。

カリスマ美容家&YouTuber、そして気鋭の女性クリエイターたちが集結!

主人公であるコスメショップのビューティーアドバイザー(BA)・熊谷すみれを演じるのは、雑誌で見ない日はないほど大人気の美容家・神崎恵!「MAQUIA」「美的」「VoCE」など美容誌を中心に毎月多くの媒体に登場し、イベントやメイク講座、コスメブランドの商品開発、プロデュースなど幅広く活動しています。さらにプライベートでは3人の子供を育てるママでもあり、その充実したライフスタイルは多くの女性の憧れです。かつては女優としてドラマや映画・グラビアなどで活動していた神崎恵が “美のカリスマ”として知られる美容家となった今、ドラマ初主演となります。

そして、新人BA近藤芽生を演じるのは、ドラマ「チア☆ダン(TBS)」「his〜恋するつもりなんてなかった〜(メ〜テレ)」「ゆるキャン△(テレビ東京)」、映画「パンとバスと2度目のハツコイ」「mellow」など、話題作への出演が続く注目の実力派若手女優・志田彩良。

その先輩BA・山本織香を演じるのはNMB48のメンバーで、美容系Youtuberとしての顔も持つ吉田朱里。自ら企画・撮影・編集しているというメイク術やコスメレビュー動画は若い世代に大人気でそのチャンネル登録者数は80万人を超えています。近年はアパレルや化粧品ブランドのプロデュースなどマルチな才能を発揮しています。

脚本にはドラマだけでなく映画やアニメなど幅広いジャンルで活躍する坪田文を起用。シリーズ構成を担当したアニメ『HUGっと!プリキュア(ABC朝日放送テレビ)』では「女性と仕事」「子育て」といったテーマを設定し、ジェンダーギャップやLGBT、それに対する社会の変化を描いたことで大きな話題となりました。

監督は映画「君が世界のはじまり」や「おいしい家族」などで知られる新進気鋭の若手監督、ふくだももこを始めとし、山中瑶子・岸本鮎佳など若き女性の才能が集結しました。

原案・原作紹介

原作はシバタヒカリ作のコミック『だから私はメイクする』(祥伝社)。『浪費図鑑』で知られるオタク女性4人組・劇団雌猫によるエッセイ集『だから私はメイクする』(柏書房)を原案とし、『FEEL YOUNG』にて連載され、多くの女性に支持されている話題作。「自分がどうありたいか」と向き合う、共感必至のオムニバス・ストーリーです。
自分のメイク道を極め続けるうちにあだ名が「マリー・アントワネット」になった女性、職場の男性達から受ける「見た目へのアドバイス」にうんざりしている女性、仕事で多忙な日々を送る中で自分を奮い立たせるためにコスメに大金を投じる女性など、人それぞれの「メイクをする理由」を描くことで現代をたくましく生きる女性たち(時に男性も)の様々な姿を映し出します。

原作・シバタヒカリ コメント

漫画家をやる中での遠い夢の1つとしてあった「メディアミックスされたい」という事がこんなに早く叶うとは!とても嬉しいです!
ドラマならではの要素も沢山あるので楽しみにして頂けたらと思います!

原案・劇団雌猫 コメント

「みんな、どんな気持ちで日々のメイクや服を選んでるんだろう?」
何気ない疑問から始まり、さまざまな方に協力してもらって出来上がったエッセイ同人誌。それが書籍になり、コミカライズされ、今度はドラマになるなんて、私たち自身も驚きました。
書籍『だから私はメイクする』では、こんな序文を掲げていました。
「『自分がどうありたいか』を知るために、私たちは今日もおしゃれして、”社会”という名の戦場へ向かう。」
自分のために、社会のために、何かを探して……。女たちが「メイクする理由(しない理由も!)」が、ドラマを通じてさらに多くの方に伝わるのが楽しみです。私たち4人も、毎週わいわい視聴したいと思います。

主題歌

lol-エルオーエル-『restart』

プロフィール

人を笑顔に、感動させるグループになりたい!という想いを込めた男女混成ダンス&ヴォーカルグループ。2014年オーデションを経て、それぞれが夢を抱き出会いを果たした佐藤友祐、小見山直人、hibiki、honoka、mocaの5人がlolとして笑顔を届けるべく結成された。
全員がダンスとヴォーカルを担当。さらにはモデルや俳優などマルチに活躍し、10代、20代の若者を中心に人気が急上昇中。新人ながらデビュー前からiTunesアルバム総合ランキングにて1位を獲得。続く2ndシングルも同ランキングで1位に。2015年の第57回輝く!日本レコード大賞では新人賞を受賞。先月12日にはDef TechのMicroプロデュース楽曲の11thシングル「work it out」をリリースしている。

ラインナップ