topへ
ストーリー
登場人物
ラインナップ
 大清帝国の統治に明らかなかげりが見え始めた、1908年冬。 西太后は、周囲の反対を押し切り、3歳にも満たない溥儀(ふぎ)を皇太子とした。 社会変動の大波が渦巻く城外の様子を、何一つ知らないまま、溥儀は皇帝として育っていく。
 迫り来る列強各国の干渉、袁世凱や民国軍との確執、そして「満州国」という日本の傀儡政権の誕生… 激動の人生を送った、日本で最も有名な皇帝、宣統帝・溥儀の一生を壮大なスケールで描く歴史ドラマ。