恐怖の儀式

第7回 8月23日(木)放送

  • 「階段の踊り場」 階段の踊り場に二枚の鏡を置き
    鏡の前に幼子が喜ぶおもちゃなどを置く。

    そこで、幼子を呼ぶために時報を聞くと
    一階と二階から寂しがっている幼子が
    遊んで欲しさに這ってくる。

第5回 8月9日(木)放送


  • 「太郎くんと花子さん」 2体の紙人形をつくり、太郎くんは「青」。
    花子さんは「赤」で印をつける。
    更に自分の身代わりとなる紙人形をつくり、
    爪や髪の毛などの、体の一部を身代わり用の人形につける。

    3体の人形を用意したら花子さんの霊を呼び出し、
    その霊から一定時間隠れ続ける。
    もし見つかってしまえば、身に危険が及ぶという恐怖の儀式。

第4回 8月2日(木)放送

  • 「ノック三回」 霊を呼びやすいといわれる「三」
    ノックを三回することで家の中にいる霊を呼び出す
  • 「お前は誰だ?」 鏡に映る自分に向かって「お前は誰だ?」と
    問い続けると自分がわからなくなり霊に入り込まれる

第2回 7月12日(木)放送

  • 「スクエア」 部屋の四隅に暗闇の中一人ずつ座り、一人目が壁に手を当てながら移動し、二人目の肩を叩く。
    二人目以降も同じように移動し四人目が最後の人の肩を叩き一周する。本来なら五人いなければ一周できないため足りない一人を呼び寄せてしまう降霊術。