孤独のグルメ Season8

BSテレ東BSテレ東
日曜 深夜0時
  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEでシェアする
  • はてなブックマークにブックマークする

次回予告

2020年1月26日(日) 24時00分~
松重豊主演・孤独のグルメSeason8!五郎が今回訪れた町は「東京・銀座」路地裏で「昼食堂」の看板を見つけ恐る恐る店内に、そこで出てきたロールキャベツ定食に歓喜する。

番組内容

井之頭五郎(松重豊)は、銀座のバーで商談相手の劇団ノーモラル主宰・武者小路朱雀(岸谷五朗)と会っていた。怪しげな様相に奇抜表現と面倒なやりとりが続くはめに…。変な気を遣って空腹になった五郎は、銀座の路地で昼食堂の看板を発見する。覚悟を決め店に入りお目当てのポークソテーを注文しようとするが、店のお母さん(室井滋)から、ロールキャベツ定食しかないと衝撃的な一言が告げられ一択の窮地にショックを受けるが…。

出演者

 井之頭五郎…松重豊
 ≪第3話ゲスト≫
 武者小路朱雀…岸谷五朗
 食堂(Bar)のお母さん…室井滋

原作脚本

【原作】「孤独のグルメ」
作・久住昌之 画・谷口ジロー(週刊SPA!)
【脚本】田口佳宏

監督・演出

北畑龍一

音楽

The Screen Tones(久住昌之、フクムラサトシ、河野文彦、西村Shake克哉、栗木健)

次回放送の詳細はこちら

番組内容

深夜ドラマの金字塔、8シーズン目に突入!
注目の第1話は誰もが知っている有名繁華街から“満腹”スタート!

「孤独のグルメ」は原作・久住昌之、画・谷口ジローの同名人気コミックをもとにドラマ化。輸入雑貨商を営む主人公・井之頭五郎(松重豊)が営業先で見つけた食事処にふらりと立ち寄り、食べたいと思ったものを自由に食す、至福の時間を描いたグルメドキュメンタリードラマです。2012年1月、深夜にひっそりと放送がスタートするや、食欲をそそる料理と松重豊が演じる五郎の大胆な「食べっぷり」や「心の声」が話題となり、ハマる人が続出!シリーズを重ねるごとに視聴率が上昇し、テレビ東京で2018年に放送されたSeason7第1話ではシリーズ中最高視聴率5.1%を記録。大晦日の夜には2年連続で生ドラマ放送にも挑戦しました。さらに韓国で開催された「Seoul Drama Award 2018」では「The Most Popular Foreign Drama of the Year」を受賞するなど、国内外で絶大な人気を誇っています。そんな本作の続編を待ち望む声が高まる中、ついに連続ドラマとしては約1年半ぶりとなる最新シーズンが始動!果たして五郎はどんな街で、どんな絶品グルメと出会うのか。そして、五郎がどんな食べっぷりをみせるのか。ぜひご注目ください!

 

出張編は「孤独のグルメ」ファン必見の地域に初上陸!
アッと驚く新たな挑戦にも乞うご期待!

今回のSeason8では“初心忘るべからず”を念頭に、シーズンを通して初の“スイーツ”メイン回やグルメカットに新兵器が投入されるなど、様々な仕掛けに挑みます。アッと驚くこと間違いなし!その一方、あまり聞き馴染みのない街で出会う素晴らしい店とグルメも必見です。
注目の第1話は、あの有名繁華街からスタート!出張編では「孤独のグルメ」ファン必見の地域に初上陸&新たな挑戦も!さらに今までに無いジャンルのグルメや長年追い求めてきた至極の一品なども登場します。きっと、お腹が空くこと間違いなし!

原作情報

『孤独のグルメ』
原作/久住昌之・画/谷口ジロー(週刊SPA!)

1994~96年にかけて『月刊PANJA』にて連載され、1997年に単行本化。2008年~15年まで『週刊SPA!』にて不定期連載され、累計97万部を超えるロングセラーとなっている。

音楽情報

音楽: The Screen Tones
久住昌之 フクムラサトシ Shake 河野文彦 栗木健

オープニングテーマ 「Goo,Goo,Goro!」
作曲:久住昌之
演奏:The Screen Tones

エンディングテーマ 「五郎の12PM」
作曲:久住昌之
歌:伝美

※「孤独のグルメ」の劇伴の使用に関しましては、地底レコード(http://chitei-records.jp/)までお問い合わせください

ラインナップ