サブゼミのページ

10月19日 #51 リーマン・ショックはなぜ起きた?

今回の講義

政策研究大学院大学の伊藤隆敏教授が貨幣の成り立ちをわかりやすく解説する「お金」シリーズの第3弾です。 2008年のリーマン・ショックはなぜ起きたのでしょうか。 各国中央銀行が制御しきれなくなってきたマネーの動きを、歴史的な背景を踏まえて詳しく分析。 グローバル化の進展で激しく動くマネーの今後を展望します。 滝田洋一・日本経済新聞編集委員がテーマについて一緒に考えます。