サブゼミのページ

9月28日 #48 お金のグローバル化

今回の講義

お金の歴史を解説するシリーズ第2弾。経済のグローバル化が進み、各国のお金をめぐる環境は激変しました。 国ごとの政策だけでは制御できなくなったマネーは、今後どのような姿に変わっていくのでしょう。
1985年のプラザ合意、アジア通貨危機、欧州通貨統合といった大きなうねりの背景と意義を、国際金融や貨幣に精通した専門家が解説します。
講師は伊藤隆敏・政策研究大学院大学教授、室長は松林薫・日本経済新聞記者です。