百年の町なみ

毎週金曜 夜10時放送

#11 6月15日(金) 斜面に生きる山間の隠れ里
~徳島県・東祖谷~

徳島県三好市東祖谷は、深い山に囲まれた地域で、平家の落人がこの地に流れ着いたという言い伝えが残っています。
その影響なのか、このあたりの民家は平地ではなく、山の中腹に隠れるように建てられています。集落の下から上までの高低差はおよそ390メートル。
その急斜面に石垣を組んでわずかな平地を作り、800年に渡り人々は暮らしています。
斜面に生きる、山間の隠れ里。

山の中腹に住むということは、想像以上に大変なのだろうと思います。
でもそれ以上に、朝日が昇っていく瞬間や、日が暮れていく時の
大自然に抱かれる感じは、ものすごくドラマティックでしたね…。
渓流釣り、私も大好きなので、訪れてみたい場所です。
美しい川で、ゆったりと魚釣りにいそしみたい!

みんなのまち