用語解説

 

病名

陰虚(いんきょ) 体内が水分不足の状態
陰虚喘(いんきょぜん) 体力の消耗が原因で発熱を伴う喘息
黄疸(おうだん) 身体や白眼が黄色くなり尿の色なども濃くなる症状
瘀血(おけつ) 血流が滞ることで起こる様々な症状や疾病
霍乱(かくらん) 急性胃腸炎
脚気(かっけ) ビタミンB1欠乏症
滑大(かつだい) つわりによって現れる脈の状態
寒証(かんしょう) 体の冷え
眼睛(がんせい) 瞳の部分が痛むこと
寒痢(かんり) 冷えによる腸疾患
気虚(ききょ) 気が足りない状態
逆産(ぎゃくざん) 胎児が足やお尻から出てくること
瘧疾(ぎゃくしつ) マラリア
虚脹(きょちょう) 腹部が膨張し力がない症状
虚労(きょろう) 体力が衰え五臓の働きが低下した状態
気痢(きり) ストレスによる腸疾患
血虚(けっきょ) 血が足りない状態
血崩(けっぽう) 外陰部からの不正出血
口眼喎斜(こうがんかしゃ) 顔面神経麻痺
雑病(ざつびょう) 内科 外科 それに属さない病 流行病や婦人病 小児病の類
子腫(ししゅ) 妊娠中毒症による浮腫
湿嗽(しつそう) 呼吸器疾患
実脹(じっちょう) 腹部が張り硬くなる症状
湿痢(しつり) 高い湿度や暴飲暴食などによる腸疾患
子満(しまん) 妊娠中の膀胱炎に伴う浮腫
消渇(しょうかち) 糖尿病
傷寒(しょうかん) 高熱を伴う急性疾患
食滞(しょくたい) 胃もたれ
室女(シルリョ) 欲求不満による独身女性特有の病
真心痛(しんしんつう) 心筋梗塞または狭心症
心煩(しんはん) 胸が苦しいこと
頭風(ずふう) 頭痛が長引く病気
積痢(せきり) 消化不良による腸疾患
全生白朮散(ぜんしょうびゃくじゅつさん) 妊婦の浮腫の治療薬
大頭瘟(だいずおん) 顔が腫れたり皮膚が膿む疾病
胎毒(たいどく) 乳幼児の頭や顔にできる皮膚病
大風瘡(だいふうそう) ハンセン病
脱肛(だっこう) 直腸の粘膜が肛門の外へ出る症状
丹毒(たんどく) 皮膚の一部が赤くなり熱を帯びる疾病
子水気(チャスギ) 妊娠中の下肢静脈瘤
中風(ちゅうふう) 脳卒中
脹満(ちょうまん) 腹部がガスなどで膨満する病状
纏喉風(てんこうふう) 喉が腫れ 気道が塞がる病気
痘瘡(とうそう) 天然痘
熱毒(ねつどく) 体内に熱がこもり現れる症状
熱痢(ねつり) 暑さや飲酒による腸疾患
膿痂疹(のうかしん) 細菌感染による皮膚疾患
膿瘍(のうよう) 化膿性炎症により膿がたまった状態のこと
肺労(はいろう) 肺が弱って起こる疾病
反胃(はんい) 胃ガン
風寒喘(ふうかんぜん) 風と寒さが原因の喘息
風邪(ふうじゃ) 六気の一つ 『風(ふう)』が人体に害を及ぼす状態
風病(ふうびょう) 風邪が引き起こす疾病
風痢(ふうり) 細菌性の腸疾患
陽虚(ようきょ) 体が冷える状態

 

生薬

安栄湯(あんえいとう) 流産の予防薬
硫黄(いおう) 下痢を促す生薬
異功散(いこうさん) 腹痛と下痢に有効な薬
茴香(ういきょう) 消化を助ける生薬
芋子(うし) 下痢に有効な生薬
烏頭赤石脂丸(うずしゃくせきしがん) 胸痛に有効な薬
烏賊骨(うぞっこつ) コウイカやシリヤケイカなどの甲骨
衛生天花元(えいせいてんかげん) 糖尿病にも有効な薬
黄芩(おうごん) 解熱に有効な生薬
黄柏(おうばく) キハダの樹皮 整腸作用のある生薬
黄連(おうれん) 解熱・消炎・肝機能改善に有効な生薬
艾醋湯(がいさくとう) 妊娠検査薬
瓦松(がしょう) 多年生の植物 胃ガンに有効な生薬
葛根(かっこん) クズの根
栝楼薤白半夏湯(かろがいはくはんげとう) 心疾患に有効な薬
乾漆(かんしつ) 無月経に有効な生薬
甘草(かんぞう) 甘味料としても使用され、解毒効果のある生薬
旱蓮草(かんれんそう) 止血に有効な生薬
枳殼(きこく) 去痰に有効な生薬
芎帰補中湯(きゅうきほちゅうとう) 流産の予防薬
杏仁(きょうにん) 殺菌・解熱に有効な生薬
玉竹(ぎょくちく) アマドコロの根茎 滋養強壮に有効な生薬
金匱当帰散(きんきとうきさん) 流産の予防薬
空青(くうせい) 解熱 消炎 肝機能改善に有効な生薬
枸杞子(くこし) 免疫機能を高める生薬
苦参(くじん) 皮膚の化膿に有効な生薬
苦参散(くじんさん) 伝染病が原因の黄疸に有効な薬
荊芥(けいがい) 止血に有効な生薬
鶏頭(けいとう) 腸疾患に有効な生薬
軽粉(けいふん) 浮腫に有効な生薬
決明子(けつめいし) 肝臓を強くする生薬
下品(げほん) 治療のための生薬
芫花(げんか) むくみに有効な生薬
玄参(げんじん) ゴマノハグサ科のゲンジンの根
(こい) 妊婦の体にいい魚
膠飴(こうい) もち米と麦芽で作った飴
滋養強壮に有効な生薬
紅参(こうじん) 皮ごと蒸して乾燥させた高麗人参
膏薬(こうやく) 油やロウで 練り合わせた外用剤
牛黄(ごおう) 牛の胆石
五加皮(ごかひ) イカリソウ…筋肉と骨を強くする生薬
黒丑(こくちゅう) 朝顔の黒い種
五積散(ごしゃくさん) 更年期障害に有効な薬
虎杖(こじょう) 整腸 利尿に有効な生薬
五味子(ごみし) 強壮・鎮咳に有効な生薬
五霊脂(ごれいし) 活血・止血に有効な生薬
犀角(さいかく) 動物のサイの角 精神安定に有効な生薬
柴胡抑肝湯(さいこよくかんとう) 室女病の治療薬
柴苓湯(さいれいとう) マラリアの治療薬
山参(サンサム) 山に自生する高麗人参の原種
山梔子(さんしし) クチナシの果実 皮膚化膿症に有効な生薬
三七根(さんしちこん) 高麗人参の仲間 止血に有効な生薬
酸棗仁(さんそうにん) 腹痛に有効な生薬 睡眠薬としても使用する
滋飲栄養湯(じいんえいようとう) 糖尿病にも有効な薬/td>
四物湯(しもつとう) 体を温め貧血を改善する薬
麝香(じゃこう) ジャコウジカの分泌物から取れる高価な生薬。
鎮痛・血行促進に有効
車前草(しゃぜんそう) 利尿・整腸に有効な生薬
柘木(しゃぼく) 動脈硬化に有効な生薬
十全大補湯(じゅうぜんだいほとう) 身体を元気にし、体力を回復させる薬
熟地黄(じゅくじおう) 強壮・解熱に有効な生薬 補血に有効な生薬
正気天香湯(しょうきてんこうとう) 精神の安定に有効な薬
小薊(しょうけい) 止血に有効な生薬
松脂(しょうし) 松やに 皮膚の化膿に有効な生薬
生地黄(しょうじおう) アカヤジオウの根 体内の熱を冷ます生薬
瘴疸丸(しょうだんがん) 伝染病が原因の黄疸に有効な薬
上品(じょうほん) 健康や長寿のための生薬
升麻葛根湯(しょうまかっこんとう) 皮膚炎や麻疹(はしか)に有効な薬
如神丹(じょしんたん) 難産の際 分娩を促す薬
秦艽(じんぎょう) 鎮痛・消炎に有効な生薬
沈香(じんこう) 樹脂が付着したジンチョウゲ科の木片
参胡三白湯(じんこさんぱくとう) 霍乱後の胸苦しさに有効な薬
神仙九気湯(じんせんきゅうきとう) 精神の安定に有効な薬
参蘇飲(じんそいん) 感冒や咳 発熱に有効な薬
神方験胎散(しんほうけんたいさん) 妊娠検査薬
清痰順気湯(せいたんじゅんきとう) 口眼喎斜の治療薬
生地黄(しょうじおう) 体内の熱を冷ます生薬
石南葉(せきなんよう) 利尿 強壮に有効な生薬
石薬(せきやく) 薬として利用した鉱物
川芎(せんきゅう) センキュウの根茎 気血の巡りをよくし皮膚疾患に有効な生薬
蝉退湯(せんたいとう) 腰腹痛および天然痘による発疹に有効な薬
双和湯(そうわとう) 気血を整え疲労回復に有効な薬
側柏葉(そくはくよう) 止血に有効な生薬
蘇合香元(そごうこうげん) 心筋梗塞や狭心症に有効な薬
大茴香(だいういきょう) 香辛料としても使われる八角
大黄(だいおう) 便秘に有効な生薬
太倉公辟瘟丹(たいそうこうへきおんたん) 疫病の予防と治療に有効な薬
托裏消毒散(たくりしょうどくさん) 化膿性皮膚炎に有効な薬
知母(ちも) 解熱に有効な生薬
中品(ちゅうほん) 体力を養うための生薬
猪胆(ちょたん) 解毒に有効な生薬
蔓人参(つるにんじん) キキョウ科の多年草
天門冬(てんもんどう) クサスギカズラの根 咳を鎮める生薬
湯液(とうえき) 生薬の処方のこと
当帰(とうき) 貧血に有効な生薬
独参湯(どくじんとう) 気を補強するのに有効な薬
独活(どっかつ) 関節痛に有効な生薬
二陳湯(にちんとう) 四物湯と合わせて処方し喘息に有効となる薬
肉桂(にっけい) シナモンの皮 体を温める生薬
乳香(にゅうこう) 鎮痛・消炎に有効な生薬
人参膏(にんじんこう) 気を補強するのに有効な薬
白茯苓(はくぶくりょう) 利尿に有効な生薬
麦門冬(ばくもんどう) 強壮・解熱に有効 心機能を高める生薬
馬歯(ばしけん) 皮膚疾患に有効な生薬
巴豆(はず) 下痢を促す生薬
八味丸(はちみがん) 腎機能の改善に有効な薬
蕃杏(ばんきょう) 胃ガンに有効な生薬 多年生の植物
斑猫(はんみょう) 有毒の昆虫から作った毒薬
蓖麻子(ひまし) 排便を促す生薬
百子附帰丸(ひゃくしふきがん) 不妊治療薬
白朮(びゃくじゅつ) オケラの根 健胃 強壮 利尿に有効な生薬
白朮湯(びゃくじゅつとう) 湿嗽の治療薬
百草霜(ひゃくそうそう) 止血に有効な生薬
茯苓(ぶくりょう) 胃病に有効な生薬
附子(ぶし) トリカブトのこと 体を温め鎮痛に有効な生薬
附子湯(ぶしとう) トリカブトを使った体を温め鎮痛に有効な薬
不老草(別名 [霊芝]) 体を元気にし気分を鎮める生薬
防已黄耆湯(ぼういおうぎとう) 脚のむくみ改善に有効な薬
蒲黄散(ほうおうさん) 利尿作用のある薬
硼砂(ほうしゃ) 鉱物 解毒に有効な生薬/td>
芒硝(ぼうしょう) 便秘に有効な生薬
芳草(ほうそう) 香りのある春の草
防風(ぼうふう) 止血に有効な生薬 鎮痛 発汗に有効な生薬
防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん) 化膿性皮膚炎で熱を帯びている際の治療薬
蒲公英(ほこうえい) 胃痛・皮膚疾患に有効な生薬
補中治湿湯(ほちゅうじしつとう) むくみなど水分代謝異常の改善に有効な薬
補薬(ほやく) 体力を補うための薬のこと
本事方羊肝元(ほんじほうようかんげん) 眼球の障害を改善する薬
麻黄散(まおうさん) 風寒喘に有効な薬
桑黄茸(めしまこぶ) キノコの一種
木賊(もくぞく) 眼科の治療に有効な生薬
木瓜(もっか) ボケやカリンの成熟した果実のこと
木香(もっこう) 胸痛に有効な生薬
雄黄(ゆうおう) ヒ素の硫化鉱物 解毒に有効な生薬
雄黄散(ゆうおうさん) 纏喉風の対処薬
熊胆(ゆうたん) 熊の胆のうから取れる高価な生薬。解毒・解熱に有効で強壮剤としても使用
竜胆(りゅうたん) 解熱 消炎 肝機能改善に有効な生薬
老君神明散(ろうくんしんめいさん) 疫病の予防と治療に有効な薬
鹿茸(ろくじょう) 非常に貴重な生薬 強壮・長寿に有効

 

経穴

足三里(あしさんり) 胃腸虚弱 疲労に有効な経穴
足太陽膀胱経(あしたいようぼうこうけい) 正経十二脈の一つ
足太陰脾経(あしたいんひけい) 脾臓に関わる気血の通路
阿是穴/天応穴
(あぜけつ/てんおうけつ)
指で押して痛みや快感を感じる場所のこと
胃経(いけい) 足陽明胃経(あしようめいいけい)のこと 胃に関わる気血の通路
委中(いちゅう) 膝の裏側にあり脚のむくみや腰痛に有効な経穴
陰交(いんこう) へそと恥骨の間にあり小腸の疾患などに有効な経穴
隠白(いんぱく) 小児のひきつけや痙攣状態に有効な経穴
禾髎(かりょう) 左右の鼻孔の直下にある経穴
患門(かんもん) 肩甲骨の内側の経穴
奇経(きけい) 気血の流れを調節する特殊な通路
九竅(きゅうきょう) 口・両眼・両耳・両鼻孔・尿道口・肛門の総称
経脈(けいみゃく) 十二の正経と八の奇経からなる気血の通路
経絡(けいらく) 全身の気血を運び、体内各部を調節する通路
下焦(げしょう) 体内の老廃物を排出する働きをするところ
(げん) 弓の弦のように力強く感じる脈
膏肓(こうこう) 肩甲骨の内側の経穴
合谷(ごうこく) 太衝と同時に刺激を与えて全身の気血を巡らす経穴
五行(ごぎょう) 木・火・土・金・水の五元素
五臓(ごぞう) 肝臓・心臓・脾臓・肺・腎臓
三経(さんけい) 六腑(ろっぷ)気血の通路
尺脈(しゃくみゃく) 指3本で脈診する際に薬指で触れる脈のこと
十二経脈(じゅうにけいみゃく) 正経のこと
少商(しょうしょう) 小児のひきつけや痙攣(けいれん)状態に有効な経穴
上星(じょうせい) 髪の生え際上部の経穴
神闕(しんけつ) 意識の回復に有効な経穴
人中(じんちゅう) 軽度の意識障害に有効な経穴
神庭(しんてい) 頭痛 不眠症に有効な経穴
申脈(しんみゃく) 腰痛・後頚部痛に有効な経穴
神門(しんもん) 心疾患や精神安定に有効な経穴
心兪(しんゆ) 肩甲骨の内側にあり心疾患に有効な経穴
水溝(すいこう) むくみ 糖尿病に有効な経穴
正経(せいけい) 五臓六腑を巡る気血の主要通路
太衝(たいしょう) 合谷と同時に刺激を与えて全身の気血を巡らす経穴
大椎(だいつい) 頸椎(けいつい)と脊椎(せきつい)の間にある経穴
膻中((だんちゅう) 胸の真ん中にあり心患に有効な経穴
中脘(ちゅうかん) みぞおちとへその中間にある経穴 胃疾患や神経衰弱に有効な経穴
中焦(ちゅうしょう) 食物を栄養に変える働きをするところ
手太陰肺経(てたいいんはいけい) 肺に関わる気血の通路
手陽明大腸経(てようめいだいちょうけい) 大腸に関わる気血の通路
天柱(てんちゅう) 視力の回復に有効な経穴
督脈(とくみゃく) 奇経八脈の一つ 背面の中央を通る気血の通路
内関(ないかん) 心疾患や精神安定に有効な経穴
二十四兪(にじゅうしゆ) 陰部から顎への一直線上にある24の経穴
肺兪(はいゆ) 背骨と肩甲骨の間の経穴
八節(はっせつ) 肩・肘・膝・股の八つの関節
八風(はっぷう) 八つの方角から吹く風
百会(ひゃくえ) 意識の回復に有効な経穴
湧泉(ゆうせん) 血の巡りをよくし体力 気力を回復させる経穴/td>
六極(りっきょく) 天地と東西南北の六方角
六腑(ろっぷ) 胸の真ん中にあり心疾患に有効な経穴

 

治療法

圧診(あっしん) 体の圧痛点を探る内臓疾患の診断方法
塩灸 塩の上にもぐさを置いて据える灸
隔物灸(かくぶつきゅう) 肌に直に灸をしない方法
燻蒸(くんじょう) 薬を熱し 煙や湯気を患部に当てる治療法
点穴(てんけつ) 鍼を刺したり、灸を据える場所に印をつけること
転女為男(てんじょいなん) 胎児の性別を女から男に変える方法
導引(どういん) 健康維持や治療のための体操療法
湯液(とうえき) 生薬の処方
輸刺(ゆし) 鍼を深く刺すこと

 

医療用語・その他

足太陽経筋(あしたいようけいきん) 身体の後面を走る筋肉
医学入門 中国 明(みん)時代の医書
外形(がいけい) 外科
華佗(かだ) 中国 [後漢]末の名医 外科手術で知られる
菊花水(きくかすい) 菊の花で覆われた水源地の水
九竅(きゅうきょう) 口・両眼・両耳・両鼻孔・尿道口・肛門の総称
求心性 手足から体幹に向かうこと
血暈 (けつうん) 産後のめまい
結脈(けつみゃく) 脈拍が緩やかで不規則なこと
毫鍼(ごうしん) 九鍼(きゅうしん)の一種で現在最も使われる鍼(はり)
五行(ごぎょう) 木・火・土・金・水の五元素
古今医鑑 中国 明(みん)時代の医書
五臓(ごぞう) 肝臓・心臓・脾臓・肺・腎臓
五奪(ごだつ) 刺鍼を禁じる5種類の状態のこと
五味 甘味・酸味・辛味・苦味・塩辛味の五つの味
三焦(さんしょう) リンパ管のこと
七情(しちじょう) 怒・喜・思・憂・悲・恐・驚の七つの感情
井華水(せいかすい) 早朝一番にくんだ井戸水
調摂修養(チョソプスヤン) 体にとって最も大事なのは摂生である
調和御薬(チョファオヤク) 王の薬を作ること
内景(ないけい) 内科
八風(はっぷう) 八つの方角から吹く風
鋒鍼(ほうしん) 九鍼の一種で鍼先が三角形をしている鍼
保護聖躬(ポホソングン) 王の健康を守ること
脈気(みゃくき) 東洋医学における気の一種
脈経(みゃくけい) 現存する最古の脈学専門書
ムク どんぐりの粉などを煮固めた料理薬
薬石次之(ヤクソクチャジ) 体にとって薬と鍼(はり)は二の次である
六淫(りくいん) 風・寒・暑・湿・燥・火 六気が人体に害を及ぼす状態
六極(りっきょく) 天地と東西南北の六方角
臘雪水(ろうせつすい) 冬至から3番目の未の日に降った雪が溶けた水

 

役職・階級

右議政(ウイジョン) 正一品の最上級の文官職
議郎(ウィラン) 正四品の中級文官職
右賛成(ウチャンソン) 従一品の最上級文官職
御医(オイ) 国王の主治医
御医女(オイニョ) 医女の責任者で王妃や大妃を診る医女
譏察捕校(キチャルポギョ) 罪人を捜索する役人
校理(キョリ) 正五品の中級文官職
観察使(クァンチャルサ) 地方行政区域『道(ト)』の長
貴人(クィイン) 従一品の最上級の側室
軍官(クングァン) 中級将校
郡守(クンス) 地方行政区域『郡(クン)』の長
司成(サソン) 最高教育機関である成均館の従三品の中級文官職
尚宮(サングン) 王宮の女官の最高位
試官(シグァン) 科挙を主管した官吏
淑儀(スギ) 従二品の上級の側室
淑媛(スグォン) 従四品の中級の側室
世子(セジャ) 次期国王となる王子のこと
世孫(セソン) 国王の孫のうち王位継承権の最も高い男児
書吏(ソリ) 品階のない下級官吏
堂上官(タンサングァン) 高級官僚
提調(チェジョ) 技術職系の官庁の正・従二品の上級文官職/td>
直長(チクチャン) 従七品の下級文官職
執義(チビ) 従三品の中級文官職
至密尚宮(チミルサングン) 王の世話をする最高位の女官
左賛成(チャチャンソン) 従一品の最上級文官職
参議(チャミ) 正三品の上級文官職
佐郎(チャラン) 正六品の中級文官職
参判(チャンパン) 従二品の上級文官職
参奉(チャンボン) 従九品の下級文官職
主簿(チュブ) 従六品の中級文官職
僉正(チョムジョン) 従四品の中級文官職
節制都尉(チョルチェドウィ) 従六品の地方武官職
節度使(チョルトサ) 従二品の上級地方武官職
従事官(チョンサグァン) 警察組織・捕盗庁の従六品の中級武官職
正郎(チョンナン) 正五品の中級文官職
種薬書員(チョンヤクソウォン) 生薬倉庫を管理する下級官職
大監(テガム) 最上級の高官に対する尊称
大妃(テビ) 王の母 あるいは先代王の王妃
都提調(トジェジョ) 各中央官庁の最高責任者 正一品の最上級官職
擣薬使令(トヤクサリョン) 処方に応じて薬を作る下級官職
内医正(ネイジョン) 正三品の中級文官職
内医女(ネイニョ) 内医院に属し王の側室や女官を診る医女
判官(パングァン) 従五品の中級文官職
判書(パンソ) 正二品の最上級文官職
別坐(ピョルチャ) 正・従五品の中級文官職
県監(ヒョンガム) 地方行政区域『県(ヒョン)』の長
(ピン) 正一品の最上級の側室
副提調(プジェジョ) 技術職系の官庁の正三品の上級文官職
府尹(プユン) 地方行政区域『府(プ)』の長
輔国崇禄大夫(ポグクスンノクテブ) 正一品の最上級の称号
捕盗大将(ポドデジャン) 従二品の上級武官 警察組織 捕盗庁の長官
奉事(ポンサ) 従八品の下級文官職
牧使(モクサ) 正三品の上級地方文官職
両班(ヤンバン) 特権的な支配層
訳官(ヨックァン) 通訳 翻訳業務を担当する官吏
領議政(ヨンイジョン) 正一品の最上級文官職 総理大臣にあたる
令監(ヨンガム) 従二品 正三品の高官に対する尊称

 

役所

礼曹(イェジョ) 祭礼をつかさどる官庁
芸文館(イェムングァン) 国王の言葉や命令を記す業務を行う官庁
吏曹(イジョ) 文官人事をつかさどる官庁
義禁府(ウィグンブ) 政治犯の調査や逮捕を行う官庁
議政府(ウィジョンブ) 行政の最高機関
監営(カミョン) 地方行政区域『道(ト)』の役所
公主宮(コンジュグン) 王の息子・娘が住む宮殿
三医司(サミサ) 典医監・内医院・恵民署のこと
産室庁(サンシルチョン) 王妃や側室の出産時 臨時で設置される官庁
湯薬房(タンヤクパン) 生薬を調合し湯薬を作る部署
春秋館(チュンチュグァン) 文書の記録や保管をつかさどる機関
典医監(チョニガム) 薬の管理や医師の教育をつかさどる機関
東宮(トングン) 次期国王となる世子の宮殿
内医院(ネイウォン) 王室所属の医療機関
刑曹(ヒョンジョ) 司法をつかさどる官庁
恵民署(ヘミンソ) 庶民のための医療機関
捕盗庁(ポドチョン) 警察業務をつかさどる官庁
六曹(ユクチョ) 行政をつかさどる六つの中央官庁

 

地名

鴨緑江(アムノッカン) 中国との国境にある川
安国坊(アングクパン) 今のソウル 鐘路区辺り
臨津江(イムジンガン) 京畿道 坡州市を流れる川
義州(ウィジュ) 今の平安北道 義州郡
殷栗(ウニュル) 今の黄海南道 殷栗郡
甕津(オンジン) 今の黄海南道 甕津郡
景福宮(キョンボックン) 1395年建立の宮殿
広州(クァンジュ) 今の京畿道 広州市
開城(ケソン) 今の北朝鮮 開城市
居昌(コチャン) 今の慶尚南道 居昌郡
沙為浦(サウィポ) 今の平安北道 塩州郡沖にあった島
山陰(サヌム) 今の慶尚南道 山清郡 
尚州(サンジュ) 今の慶尚北道 尚州市
成都(せいと) 中国 四川省の省都
瑞麟坊(ソリンバン) 今のソウル 瑞麟洞付近
丹陽(タニャン) 今の忠清北道 丹陽郡
載寧(チェリョン) 今の黄海南道 載寧郡
昌徳宮(チャンドックン) 1405年建立の宮殿
昌寧(チャンニョン) 今の慶尚南道 昌寧郡
忠州(チュンジュ) 今の忠清北道 忠州市
晋州(チンジュ) 今の慶尚南道 晋州市
鎮川(チンチョン) 今の忠清北道 鎮川郡
大定江(テジョンガン) 今の平安北道 博川郡付近を流れる川
胎霊山(テリョンサン) 今の忠清北道 鎮川郡にある山
頭流山(トゥリュサン) 智異山の別名
東莱城(トンネソン) 今の釜山 東莱区にあった城塞
羅州(ナジュ) 今の全羅南道 羅州市
南海(ナメ) 朝鮮半島の南側の海
坡州(パジュ) 今の京畿道 坡州市
漢陽(ハニャン) 朝鮮時代の首都 今のソウル
陜川(ハプチョン) 今の慶尚南道 陜川郡
咸安(ハマン) 今の慶尚南道 咸安郡
咸陽(ハミャン) 今の慶尚南道 咸陽郡
碧宵嶺(ピョクソリョン) 智異山にある峠
平壌城(ピョンヤンソン) 今の北朝鮮 平壌にあった城塞
花田(ファジョン) 今の高陽市 花田洞
黄州(ファンジュ) 今の黄海北道 黄州郡
北青(プクチョン) 今の咸鏡南道 北青郡
恵山鎮(ヘサンジン) 今の両江道 恵山市
海州(ヘジュ) 今の黄海南道 海州市
海美(ヘミ) 今の忠清南道 瑞山市付近
幸州山城(ヘンジュサンソン) 今の京畿道 高陽市にあった山城
鳳山(ポンサン) 今の黄海北道 鳳山郡
麻浦(マポ) 今のソウル 麻浦区 朝鮮時代の代表的な船着き場
密陽(ミリャン) 今の慶尚南道 密陽市
木覓山(モンミョクサン) 現在の南山
陽川(ヤンチョン) 今のソウル 江西区
寧越(ヨンウォル) 今の江原道 寧越郡
龍川(ヨンチョン) 今の平安北道 龍川郡

 

番組公式Twitter

ソーシャルメディア
公式アカウント

    ジャンル

      おすすめの関連番組

      あなたにおすすめの番組