神社百景 GRACE of JAPAN

毎週日曜 夕方6時放送

1月24日(土)
♯138『東国三社③ 息栖(いきす)神社』

今回ご案内するのは、茨城県鹿嶋市に鎮座する「鹿島神宮」、千葉県香取市に鎮座する「香取神宮」、両宮のご祭神を導いた神をまつる、東国三社のひとつ「息栖神社」。 日本三霊泉のひとつといわれる名水を有するお宮としても有名。 その神が住まうのは、茨城県の東南端に位置する神栖市。東側は太平洋に、南側・西側は利根川を経て千葉県に隣接。温暖な気候を生かした農業、漁業が盛んな町。 息栖という地名は香取海に浮かぶ沖洲(おきす)がなまったもので、大昔このあたりは砂州だったという。 天照大御神の命を受け、日本建国を成し遂げられた鹿島・香取でまつられる二柱の神。そんな神をまつる二宮を結び、東国三社の二等辺三角形を形作る息栖神社。なぜ息栖神社が二宮と共に「東国三社」とうたわれるようになったのか。 その理由は出雲神話が物語るという。いったいどんな神話が伝わっているのか。ご一緒に紐解いて参りましょう。

ラインナップ

GRACE of JAPAN ~自然の中の神々~ 新春スペシャル 日本再考~人と自然と神々と~