神社百景 GRACE of JAPAN

毎週日曜 夕方6時放送

9月21日(日)
♯121「なまはげ信仰 真山(しんざん)神社」

今回ご案内するのは、国の重要無形民俗文化財である「なまはげ」の特異(とくい)神事を行うことで知られる「真山(しんざん)神社」。緑豊かな山の中に鎮座する、静けさに満ちたお宮です。 その神が住まうのは、秋田県西部(せいぶ)。日本海に突(つ)き出(で)た男(お)鹿(が)半島に位置する男鹿(おが)市。 かつては、活火山(かっかざん)であった寒風山(かんぷうざん)が海中(かいちゅう)に浮かぶ島でしたが、陸続(りくつづ)きとなり、現在の姿になりました。火山の恩恵(おんけい)を受けた湖や温泉、海に山と、豊かな自然を残し、国定(こくてい)公園や日本百景に選定(せんてい)される景勝地(けいしょうち)としても有名です。 そんな秋田県の男鹿(おが)半島に鎮座する「真山(しんざん)神社」は、「なまはげ」の特異(とくい)神事を行うことで知られます。なまはげは、鬼の面をつけていますが、実は鬼ではなく、山の神様のお使いだといいます。 では、いったい何のために、里(さと)へおりてくるのでしょうか。そして、その正体(しょうたい)とは。 神秘的な「なまはげ」の世界へ、ご一緒にまいりましょう。

ラインナップ

GRACE of JAPAN ~自然の中の神々~ 新春スペシャル 日本再考~人と自然と神々と~