神社百景 GRACE of JAPAN

毎週日曜 夕方6時放送

8月31日(日) 
#118「相模国一宮 寒川(さむかわ)神社」

今回ご案内するのは、八方除・厄除けの御神徳で信仰を集める相模国一宮、寒川神社。 およそ1500年以上の歴史を有する古社で、初詣にはおよそ40万人の人出で賑わう。 その神が住まうのは、神奈川県の中央部に位置する高座郡(こうざぐん)寒川町(さむかわまち)。清涼な水が流れる相模川の下流に位置し、田園と住宅街が広がる。 平安時代、寒川神社が初めて朝廷から位をもらったことで「寒川」の名が知られるようになる。町はその後、寒川神社の門前町として発展。古くから栄えてきた。 そんな寒川神社は、家相・地相・方位などからくるすべての悪事災難を取除く「八方除け」の名社として全国に知られる。源頼朝、北條義時、武田信玄等の武将、徳川家代々に厚く信仰されたが、その崇敬の理由は、鎮座地と社殿に隠された「八方除け」の秘密にあった。果たして、その秘密とは。

ラインナップ

GRACE of JAPAN ~自然の中の神々~ 新春スペシャル 日本再考~人と自然と神々と~