神社百景 GRACE of JAPAN

毎週日曜 夕方6時放送

5月18日(日) 
#103「尾張国一宮 真清田神社」

尾張国開拓の祖をご祭神としてまつる「真清田神社」。2600年前に創建して以来、尾張国一宮として信仰を集め続けるお宮。 おまつりされているご祭神は、天照大御神の孫神、天火明命(あめのほあかりのみこと)。 尾張国の開拓の祖であると共に、名古屋の熱田神宮、大阪の住吉大社ともゆかりの深い神様。 その神が住まうのは、愛知県北西部に位置する一宮(いちのみや)市。名古屋市と岐阜県岐阜市の中間にあり、木曽の清流と温和な気候、風土に恵まれた平坦地となっている。 繊維の街として有名な一宮市だが、もともとこの地域は、木曽川の灌漑用水による水田地帯だった。清く澄んだ水の恩恵に恵まれていたため、この地は、お宮の社名にもなった「真(ま)清田(すみだ)」と呼ばれていた。そんな愛知県一宮市に鎮座する真清田神社をご紹介します。

ラインナップ

GRACE of JAPAN ~自然の中の神々~ 新春スペシャル 日本再考~人と自然と神々と~