神社百景 GRACE of JAPAN

毎週日曜 夕方6時放送

3月16日(日) 
#96「海の名社~大洗磯前(おおあらいいそさき)神社、
酒列磯前(さかつらいそさき)神社~」

今回ご紹介するのは、海の名社として名高い「大洗磯前(おおあらいいそさき)神社」、「酒列(さかつら)磯前(いそさき)神社」。 平安時代、第55代・文(もん)徳(とく)天皇の御代(みよ)に創建した古社(こしゃ)で、水戸(みと)藩主・徳川光圀公(みつくにこう)も厚く崇敬を寄せました。 その神々が住まうのは、茨城(いばらき)県のほぼ中央に位置する東茨城(ひがしいばらき)郡大洗町(おおあらいまち)。 そして、那珂川(なかがわ)を挟(はさ)んだところにある「ひたちなか市」。二社(にしゃ)ともに、太平洋に面(めん)した海の町に鎮座しています。 そんな「大洗磯前(おおあらいいそさき)神社」、「酒列(さかつら)磯前(いそさき)神社」は、かつては二社でひとつの信仰を有(ゆう)し、時を同じくして創建したと伝わる全国でも珍しいお宮です。 光圀公(みつくにこう)をはじめ水戸(みと)藩主が魅了(みりょう)された美しい海。今回は、そんな絶景の海に秘(ひ)められた神話を紐解きながら、二社(にぐう)をご案内いたしましょう。

ラインナップ

GRACE of JAPAN ~自然の中の神々~ 新春スペシャル 日本再考~人と自然と神々と~