神社百景 GRACE of JAPAN

毎週日曜 夕方6時放送

12月8日(日) #84
「桃太郎伝説 吉備津(きびつ)神社・吉備津彦(きびつひこ)神社」

今回ご紹介するのは、備中国一宮・吉備津神社、備前国一宮・吉備津彦神社。二つの旧国の境にそびえる「中山」を神体山とする二つのお宮。それぞれ同じご祭神・大吉備津彦(おおきびつひこの)命(みこと)をまつる。その神が住まうのは、岡山県の南西部に位置する岡山市。70万人が暮らす県庁所在地の大都市。 温暖な瀬戸内の気候で、桃やブドウなど果物の名産地としても有名。 そんな岡山市に鎮座する吉備津神社、吉備津彦神社の二宮それぞれでおまつりするご祭神・大吉備津彦命は、誰もが知っている童話「桃太郎」の題材となった人物。 桃から生まれた桃太郎が、キジやサルをお共に連れて鬼が島へ鬼退治に行き、無事鬼を成敗するというお話し。しかし、吉備国に伝わる桃太郎は、私たちが知っている物語とは大きく異なります。いったいどんな伝説なのでしょうか? 今回は、吉備津神社・吉備津彦神社をご紹介しながら、本当の桃太郎伝説を紐解いていきましょう。

ラインナップ

GRACE of JAPAN ~自然の中の神々~ 新春スペシャル 日本再考~人と自然と神々と~