神社百景 GRACE of JAPAN

毎週日曜 夕方6時放送

今回ご紹介するのは、広島県と愛媛県の間、瀬戸内海に浮かぶ芸予(げいよ)諸島の中心、「大三島(おおみしま)」に鎮座する大山祇神社。全国の山祇神社・三島神社の総本社。国の天然記念物に指定される楠の原始林に囲まれる。瀬戸内海のほぼ中央に位置する大三島。平成11年に全通した愛媛県今治市と広島県尾道市の間、芸予諸島の島々を10本の橋で結ぶ「せとうち・しまなみ海道」拠点の島であり、瀬戸内海国立公園のなかでも景勝の地として知られる。
そんな大三島のもう一つの異名が「国宝の島」。実は今回ご紹介する大山祇神社は、なんと全国の国宝、重要文化財の約4割に上る武具を収蔵。京都でも奈良でもなく、なぜ瀬戸内海に浮かぶこの小さな島に鎮まる神社に、それほど多くの宝物があるのか。「神の島」とも称される大三島に伝わる数々の神話を紐解きながら、その答えを探します。

ラインナップ

GRACE of JAPAN ~自然の中の神々~ 新春スペシャル 日本再考~人と自然と神々と~