神社百景 GRACE of JAPAN

毎週日曜 夕方6時放送

6月23日(日) #62「北野天満宮」

今回ご紹介するのは、福岡の太宰府天満宮、山口の防府天満宮と並び称される、天神信仰の中心地。全国1万2000社以上の社でまつられる学問の神、菅原道真公をおまつりする、日本三大天満宮のひとつ。梅と紅葉の名所としても知られる「北野天満宮」。その神が住まうのは、京都市上京区。かつての皇居・京都御所、現在の京都府庁があり、今も昔も都の中心部。第59代・宇多天皇、第60代・醍醐天皇に仕えた道真公にとって、ゆかりの深い場所。そんな北野天満宮に所蔵され、国宝にも指定されている宝物「北野天神縁起絵巻」。道真公の人生と、お宮の由緒を示す絵巻物。その中に、驚くべき絵巻が残されていた。
真っ黒な雲に乗った、真っ赤な雷神。光り輝く稲光に、驚き逃げ惑う人々・・・ 道真公の人生と、お宮の由緒を示す絵巻に、なぜこのような恐ろしい絵が描かれたのでしょうか。この雷神とはいったい何なのか。なぜこの絵がお宮の由緒を示す絵巻物に残されているのか。今回は、お宮を巡りながら、その謎に迫ります。

ラインナップ

GRACE of JAPAN ~自然の中の神々~ 新春スペシャル 日本再考~人と自然と神々と~