神社百景 GRACE of JAPAN

毎週日曜 夕方6時放送

4月21日(日) #53「徳島県鳴門市 大麻比古神社」

今回ご紹介するのは、阿波国一宮、大麻比古神社。古来より、交通安全、厄除けの神としてあがめられてきた。阿波・淡路の産土神をまつるお宮。 その神が住まうのは、四国の東部、徳島県の東北端に位置する鳴門市。鳴門海峡をへだてて淡路島に対峙し、本州と結ぶ四国の東玄関となっている。瀬戸内海国立公園に指定され、北に播磨灘、東に紀伊をのぞむ景勝地である。淡路島・徳島・和歌山に囲まれた海域は「紀伊水道」と呼ばれ、瀬戸内海へと続く重要な航路であった。 そんな鳴門市の地名の由来ともなったのが、多くの観光客で賑わう「鳴門の渦潮(うずしお)」。奈良時代に行基が開基した「霊山寺」「極楽寺」、桃の花が咲き集う「桃畑」そして「大麻比古神社」をご紹介します。

ラインナップ

GRACE of JAPAN ~自然の中の神々~ 新春スペシャル 日本再考~人と自然と神々と~