地方の情熱を日本の元気に!・ふるさと発元気プロジェクト

農業再生の切り札は大豆

岩手・藤沢町

過疎と高齢化に悩む藤沢町には他地域にアピールする特産品もない。そんな状況に「大豆を町の宝にしたい」と一人の男が立ち上がった。
岩手県藤沢町のおもな産業は農業だが、取り立てて特産品もなく、若者の流出で深刻な過疎化に悩んでいる。そんな状況を農業で立て直そうと、畠山さんは痩せた土地を肥やす取り組みから始める。化学肥料などは使いたくない畠山さんが目をつけたのは大豆。大豆には土を豊かにする効果があるという。しかし値段が安いうえに手間のかかる大豆の栽培にはリスクがあり、栽培には二の足を踏んでいた。そんな時ある出会いで道が開け…

岩手・藤沢町 農業再生の切り札は大豆