地方の情熱を日本の元気に!・ふるさと発元気プロジェクト

伝統の将棋駒が結ぶ東北の絆

山形・天童市

  日本一の将棋の駒の産地、山形県天童市。全国シェアは95%超。だが最近将棋人口が減少、生産量は最盛期の3割にまで落ちた。最高級品「盛り上げ駒」を専門に作る駒師・桜井さんは将棋界に不動のブランド「掬水」を築いた。その背中を追うのは息子の亮さん。亮さんの駒はタイトル戦に採用される腕前にまで成長した。一方400名を超える被災者が天童市には避難しており、そんな被災者を元気づけようと職人たちが動き出す。

山形・天童市 伝統の将棋駒が結ぶ東北の絆