この番組はBSテレ東4K(4K 7ch)で
超高精細な「ピュア4K映像」をご覧いただけます

最新情報

2019.11.29 第6貫・7貫・8貫ゲスト出演者を公開!!

上段左から:大石吾朗、デビット伊東、石井正則、森谷勇太、下段左から:山口果林、おのののか

上段左から:大石吾朗、デビット伊東、石井正則、森谷勇太
下段左から:山口果林、おのののか

BSテレ東にて毎週土曜深夜0時に大好評放送中の真夜中ドラマ「江戸前の旬season2」。
原作:九十九森、劇画:さとう輝、「銀座柳寿司三代目 江戸前の旬」は、「週刊漫画ゴラク」(日本文芸社)で連載中の人気グルメコミックス。
既に、主演:柳葉旬役の須賀健太を始めとした、レギュラーキャスト陣は既報ですが・・・。
今回は、ドラマ終盤の個性派揃いの俳優陣をご紹介致します!ドラマを中心に数多くの作品に出演 俳優・大石吾朗(第6貫・第7貫・第9貫)。ドラマ、映画で独特の存在感を放つ 名バイプレーヤー・デビット伊東(第6貫)。舞台を始めテレビドラマ等でも活躍している演技派 俳優・石井正則(第6貫・第11貫)。強面を生かした演技で様々な役柄をこなす 俳優・森谷勇太(第6貫)。安定感ある佇まいで、舞台を始めテレビドラマ等でも活躍している演技派 俳優・山口果林(第7貫・第8貫)。モデルやタレントとして好感度を誇り映画やドラマに活躍中の ・おのののか(第7貫・第8貫)。(話数順)
果たして、個性豊かなゲスト俳優陣は、柳葉家にどのように関りを持つのか・・・?
第6貫の寿司対決‼ 果たして勝負の行方は・・・?
1年の時を経て、season2として帰って来た「江戸前の旬」をどうぞお楽しみください!

キャストコメント

第6貫【池内正二郎役・・・大石吾朗】
食通の大作家

世界で人気「寿司」。私自身も勿論大好きな寿司。すし飯の香りが漂うカウンターに座る頑固者の私は、もうニンマリ。そんな私は全国のすし屋を食べ歩いた経験を持つ寿司通の小説家・池内正二郎が私。 帳場に立つ旬くんを厳しくも温かくその成長を楽しんでます。僅かなミスも見過ごさず、また無理難題を旬くんに求め、それをクリアーする旬くんに感激!前作同様、ライバル大吾くんとの対決や関西人の意地悪大女将を招いたりして柳寿司を困らせます。旬くんの解決ぶりや成長をお楽しみに。

第6貫【吉沢龍男役・・・デビット伊東】
大吾の父、『嘉志寿司』三代目

吉沢龍男役、デビット伊東です。 職人の世界は厳しく、口でわからないなら体でわからせる、 典型的な人。龍男 師匠と弟子 父と息子 短時間では見せられない深さと難しさを感じながら演じました。 父と息子が、手を合わせる日は来るのでしょうか?

第6貫【西島役・・・石井正則】
日文書房編集長、真子の上司

今回もやはり「寿司対決」はぜひ観てもらいたいですね! いったいどんな寿司ネタでの対決となるのか? そして対決する二人がどんな技巧を凝らすのか? さらにその対決によって二人の想いがどう交錯し、変化していくのか? 対決を通してさらなる成長を遂げる二人の姿に注目です!

第6貫【吉沢大吾役・・・森谷勇太】
『嘉志寿司』四代目

前作に続き『江戸前の旬season2』に出演させていただき、心より嬉しく思っています。 大吾は旬のライバルとして描かれていますが、どうしても悪役というか(笑)。それでも今回は大吾の成長も描かれています。不器用で負けず嫌いな大吾、ご注目いただけたら嬉しいです。 season2後半も温かいエピソードが満載!そして必ずお寿司が食べたくなります(笑) いただきます!

第7貫、第8貫【田口八千代役・・・山口果林】
料亭『京料理 美山』女将

脚本を読んで「コハダが一番好き」と言った亡き母の言葉を思い出しました。 職人の腕の見せ所だから…。 江戸っ子の私が関西弁のおばあちゃんに挑み、ワクワクドキドキしながら演じました。 皆様にも楽しんでいただけたら。

第7貫、第8貫【田口咲役・・・おのののか】
八千代の孫

今回season2で唯一、旬の恋人候補?の咲役をやらせて頂きました。 咲のおばあさまも含めてとてもみなさん色が強いですが、咲もかなりのクセ者です。(笑) そうした中でも段々、旬に対しての気持ちが変わっていく咲の乙女で可愛らしい一面も見せれたらいいなと思います。 撮影では、出てくるお寿司が全部美味しくて幸せでした。ご馳走様でした!

2019.11.06 先日行われた記者会見の様子をお届けします!

ドラマスタート日に
25歳になる須賀健太
「アラサーなので渋くやっていきたい!!」

10月19日(土)から放送がスタートした、真夜中ドラマ「江戸前の旬season2」。
10月15日(火)、テレビ東京本社で記者会見が行われ、主演の柳葉旬を演じる須賀健太のほか、柳葉家の父親・鱒之介役の渡辺裕之、長男・鱚一郎役の田中幸太朗、次男・鮭児役の渡部豪太、長女・真子役の佐藤玲という柳葉家の面々が、ドラマの見どころやseason2になって変わった点などを語りました。出演者には、好きな寿司ネタも答えていただきました。

橋本かおりプロデューサー コメント

おかげさまで、前作の「江戸前の旬」から一年。好評につきシーズン2を放送できる運びとなりました。シーズン1ではやっと付け場に立てる状態だった“旬”が、シーズン2の頭でお客さんに「お前の寿司は単なる模倣に過ぎない」と言われて、自分に悩み始め、決意をして新たな親方のところに修行に行くというところから始まります。また、修行から戻ってきた旬が、シーズン2で最後の12話までに、どうやって自分の寿司を作っていくかということが大きなテーマになります。
そしてもう一つのテーマは「柳葉家」。
柳葉家には次男、鮭児がいたのですが、11年前に家出をして世界放浪の旅に出て、今回、突然柳葉家に舞い戻ってくることによって柳葉家に波風が立ちます。それから、長女の真子。真子には今回交際している人が結婚を申し込むという話が4、5話で出てくるんですけれども、相手の家に大反対されて、しかしこれを鱒之介や、旬の作るお寿司でどうやって結婚話を和解にもっていき、結婚にこぎつけるかというところも、大きな見所です。
今回いろんな方のご協力を得て、ドラマで初めて「豊洲市場」での撮影ができました。おかげさまで臨場感のあるリアルな「お魚」や「お寿司」を今回も4Kで撮っておりますので、思う存分お寿司の美味しい魅力がでることと思っております。
そんな「江戸前の旬season2」。第12話は来年の1月の放送になってしまいますけれども、ご紹介をよろしくお願いいたします。

須賀健太(柳葉旬役) コメント

こうしてシーズン2ができてですね、本当に嬉しくて。
シーズン2のお話をいただいた時期に、大阪で仕事をした帰りの新幹線の中で40代のサラリーマンの方に、「江戸前の旬、全部見てて面白かった」というのを直接言っていただく機会があって、その方だけではないですけれど、特にその方に「シーズン2始まりますよ」ということを、伝わるといいなと思っております。
前回の『築地』と今回の『豊洲』、両方で撮影をさせていただいて、シーズン2になったからこその進化というか、舞台が広がっているなという感覚があって、すごくうれしい気持ちで撮影をさせていただいています。是非最後まで一緒に盛り上げていただけたらと思います。
好きな寿司のタネはですね、最近好きなお寿司屋さんができまして、行きつけの。そこの「甘えび」です。

渡辺裕之(旬の父・柳葉鱒之介役) コメント

シーズン2をやることになったという話を聞いて、嬉しさとともにホッとしました。
須賀君と同じように、僕も大阪のあるホテルの一番上の「高級寿司バー」で、「見てました!あれを見たので寿司を食いに来ました」っていう風に言われてですね、なんか役者冥利に尽きるというか。
そして今回はですね、親子の情というか、家族の絆というか、出て行ったものが一時戻ってきたり、どこの家族にもある場面が、たぶん多々出てくるような構成になっています。
それと同時に、一人前になった旬がですね、今度は自分から決意して修行に出て行って、自分なりの寿司をつかみ取ってくるという場面があるんです。「命」をつないでいく、「職」をつないでいく。私も、カメラ屋の長男で、たぶんおやじは後を継いでほしかったと思うんですが、そんな思いで見いる方がたくさんいると思います。
それから、若者、自分の今の生活、将来、存在価値みたいなものに迷いがある若者にもですね、どこか救いになるような場面が必ずあるような作りになっていると思います。それは実際にやっていてですね、芝居をしながらこう、役者同士が熱くなってジーンとくるような場面がたくさんあるので、それが必ず見ている方にも通じると思います。
好きな寿司ネタは「ノドグロ」です。シーズン1をやって「かんぴょう巻き」は必ず頼むようになりました。
一番大好きなのは「ノドグロの炙り」です。

佐藤玲(旬の姉・柳葉真子役) コメント

シーズン2ができるということを聞いて、とても嬉しかったですし、撮影現場で、いろんな方に久しぶりにお会いして、すごく楽しい撮影を今も続けております。
私も個人的な話なんですけれども、私が通う整体の先生が、もともと原作の大ファンだということで。
私のことを見て「なんか見たことあるな、何で知っているんだろうな」という顔をずっとされていて、「あー!真子姉(まこねぇ)だー!」と言っていただいて、で今回もシーズン2始まってからも何度か通ってその、先生のおかげで今撮影を頑張っております。
シーズン1では家族の物語。「家族」という大きなくくりの中でそれぞれがいろんなエピソードが繰り広げられていたんですけれども、今回はさらに、こうちょっと個性とか、細分化されて、真子の身にもいろいろ起こるということで、いろいろエピソードを体験させていただいています。
好きな寿司ネタは、私は「貝類」が好きで貝類の中でどれと選ぶのがすごく難しいんですけれども今日は、「タイラガイ」ということでよろしくお願いします。

田中幸太朗(旬の長兄・柳葉鱚一郎役) コメント

シーズン1では親父とずっと喧嘩をしていて、どちらかというと、柳葉家を引っ掻き回すようなキャラクターだったんですけれども、仲直りしちゃったんですよねシーズン1で。それでシーズン2の話を聞いたときに「あれ?!これ、僕の出番無くなるんじゃないかな…」ってすごい不安だったところで、台本ピラピラよんで、「あ、よかった出番ある」と思って。
親父は武骨で不器用で寿司で語るという感じなんですが、鱚一郎っていうのは、親父ができない父親の形を、今回担わせていただいているのかなと思って。だから親父とは別の見守り方を、旬だったり真子だったりにしているという感じでやらせていただきます。
「イヤー、ほんとこれ見ていると寿司食べたくなるよ」って言われるのが本当に嬉しくて。自分も台本読んでいても寿司が食べたくなるほど、本当に面白い台本だと思っていて、「寿司を食べたくなるよ」って今回も言われるように頑張りたいと思います!
好きな寿司ダネは「アナゴ」です。

渡部豪太(旬の次兄・柳葉鮭児役) コメント

私は、11年前に柳葉家を家出しまして海外を放浪しながら、大道芸人をして生計を立てている、というか生きている人間で、11年ぶりに柳葉家に帰ってくるというところから私の出番は始まります。それがこの衣裳なんですが、決して映画「ジョーカー」を見て感化されたわけではございません(笑)
こういう役どころでございます。
初めて現場に入った時から家に帰ってきたような感じで、ここにいるみなさんと楽しく撮影させていただいております。「おっ?!帰ってきた」みたいな感じでみなさんが芝居してくださるので、俺も「おっ?帰ってきたよ」みたいな感じで撮影しております。
今回は、4K撮影ということでございまして。「江戸前の旬season2」4K撮影を慣行しております。 「気持ちがいい」、「小気味よい」、「きっぷのいい」、「感謝の心を忘れない」という「4つのK」を深く深く重んじて撮影に励んでおります。
好きな寿司ダネは「コハダ」でございます。

シーズン2での撮影エピソード、前回と変わった点などを教えてください

須賀健太

初日の撮影から何の迷いもなく空気感がすごく家族っぽく、最初のシーンを撮った時、監督も「1年間ずっと一緒に生活していたような空気感だね」とおっしゃってくださったので、ある意味すごくリラックスして撮影させていただいています。
お父さん役の渡辺さんと共演させていただく前は、親父であり親方であり厳しい現場になるのかと思っていたらめちゃくちゃ優しくてですね。写真撮られるのが好きで、スタッフさんやゲストの方と撮っているのですが、その時の渡辺さんのポーズがピースではなくコレなんです。(若者のピースのポーズ)親父若いなと。(渡辺裕之、最近はこうなったんです…と手話のアイラブユーの形に)
お茶目な部分があって、すごく和ませていただいてます。

渡辺裕之

前回と違う点は、旬は旅立つ(とはいえ家にいますが)親父の弟子として巣立ち、違う親方の弟子になる、ニ段階三段階上のところへ行く。娘は嫁にいってしまう。そして11年間どこにいるのかわからなかった次男が帰ってくる。
いろんなことが起こります。
そして嫁に行くところで相手側の親御さんの障害があったり、旬にも結婚の話が出てきそうなところもあります。前回よりももっと情の出る部分があり、鱒之介には兄弟弟子の話がでてきます。その兄弟弟子は亡くなってしまうのですが、自分の息子に代を譲りたいという思いを鱒之介に託していくのですが、そのときのやり取りや、役者同士のやり取りの情の部分が非常にたくさん出てきて…。役作りをお互いしていき、監督も構成を考えていったのですが、現場では思わぬ化学反応が起きて良いシーンになるという場面がたくさんあるので、そこが前回よりもボリュームアップしたところかと思います。

佐藤玲

皆さんとお会いすることもなく1年ぶりに現場へ行きましたが、一番最初のシーンがお兄さん(田中)とだったのですが、お兄さんの顔を見た瞬間に役を思い出して、これが兄弟とか家族の物語を続けていくことの醍醐味と言いますか、すごく素晴らしいことだなと思いました。
現場ではいろんな常連さんのお客さんもみなさんお変わりなく楽しく撮影させていただいてます。

田中幸太朗

前回は実家にも帰ってなかったり親父と会うときも気持ち的にピリピリしていて、あまり家族感のない役でしたが、今回、すごい家族感が出ていて、ホッコリした感じがすごくしっくりくるんです。
また渡辺さんが写真を撮るのがお好きとおっしゃっていましたが、家族全員で写真を撮ったとき掛け声で「ファイト一発」とおっしゃったのですが、その瞬間に「あ、これこれ!」と、皆さん変わらないなと。前回写真を撮ったときにも「ファイト一発」とおっしゃられたので「そうだこの感じだった」と思い出して、すごくしっくりきてやっております。

渡部豪太

空気感が出来上がっていて、主演である須賀さんが気を遣って現場づくりをしっかりしてくださっているので、とても大らかで和やかな雰囲気で撮影がすすんでおります。
プロの役者同士よくあることなのですが、初めましてなのですが、お互い兄弟や親子の役を演じる場合、スタートがかかった瞬間から親子になれるんですよね。それを幸せに感じながら鮭児という役を演じさせていただいております。
シーズン1を見ていて日本の、とくに江戸の寿司の技術であったり、きっぷの良さ、粋、いなせ、そういうものをすごく感じた作品だったので、シーズン2に出演させていただき一員になれることを嬉しく思いながら撮影をさせていただいてます。

(記者からの質問)俳優人生の中で親方、師匠のような方がいましたら、教えてください。

須賀健太

現場ごと、作品ごとに共演させていただく先輩方っていうのが師匠になるんですかね。
あとは監督とか。演出家の方とか。
その場で一緒にお仕事させていただく方々、全ての方から学ぶことがあるなと思うので、作品ごとにかかわってくださる方が先輩かなと思っています。

渡辺裕之

師匠って呼べる人は、堺正章さん。言ってくださることが結構的を得たことなので。コメディのアイデアなんかをもらいますね。
あとは須賀君と同じように、見た映画、芝居、出会った人たちから盗むものがたくさんあるので、その時点ではその人たちが師匠なんだと思います。
俺も今年64歳で、40周年なんです。64歳でこの作品ができるというのはいいですね。

佐藤玲

大学時代からお世話になっている演出家の先生がいらっしゃって、その方と7年ぶりくらいに来年舞台ご一緒するんです。その先生のいろんな見分を聞いてすごく勉強させていただいています。

田中幸太朗

4年前くらいから空手を始めまして、それが本当に僕の人生への取り組み方が120度くらい変わった。そこの師範を僕はとても尊敬しております。

渡部豪太

現場の居かたや、作品に対する姿勢というものはTOKIOの松岡昌宏さんに私は学びました。
演劇に関しては数年前にお亡くなりになった青井陽治先生という演出家の方にたくさん教授をしていただきました。

(記者からの質問)心に残る料理や忘れられない味は?

須賀健太

お母さんが作る「きなこごはん」。
小さい頃、朝ごはんによく食べていたんで。

渡辺裕之

女房がつくる絶品カレー、かな。

佐藤玲

母の「かぼちゃの煮物」がすごく好きです。

田中幸太朗

おふくろに怒られそうなんですが、一番思い出に残っているのが「シーチキンごはん」なんですよ。
シーチキンに醤油をかけたごはんがすごく美味しくて。これが出てくると、今日はいい日だな、と。

渡部豪太

10歳のころの旬を演じた子役の子と、お母さんの作る料理で好きなものを同時に言うことになって、出たのが「ハンバーグ!」。10歳のころの旬と心が通じ合ってうれしくて。なので「母ちゃんの作ったハンバーグ」です。

(記者からの質問)シーズン1と比べて気を付けて演じていることは?

須賀健太

シーズン1は、旬がストーリーテラーというか、割と親子の話や家族の話の中でも彼自身の気持ちというものを実は発していないんですよ。「仲直りしてほしい」「仲良くしてほしい」「お兄ちゃんにまた寿司を食べにきてほしい」といったことは言ったりするんですけれど、それぞれに対してどう思っているか、実は発信していないんです。
今回シーズン2では、旬の家族に対する気持ち、特にお母さんに対してどんな想いを抱いているのか、お寿司とも絡んで旬の本音や感情というものが出てくるので、また一歩深い部分に行けたのではないかと思います。きっとそれはそれぞれのキャラクターがしっかりと立っているからこそ、出来るというか、家族の中での物語がしっかりと出来上がっているからこそ出すことができる内容だと思うのでその部分を楽しみにしていただきたいです。
旬が進化していく中でとても大きなターニングポイントになると思いますので、注目いただければと思います。

ドラマのスタート日の10月19日が、須賀健太の25歳の誕生日ということで、一足早く、お誕生日ケーキが贈られました。

須賀健太

実は去年、シーズン1のときも同じ時期で芸能生活20周年であり、その1発目がこの江戸前の旬のシーズン1だったのですけど、そういう節目の作品がこうしてシリーズ化して、同じ時期にシーズン2を演じられるのはそれだけで嬉しい事ですし、願わくばこのままずっと僕が歳をとるのと合わせてこの作品が続いていったら嬉しいかなという気持ちもあります。
25歳、一応アラサーになるのですが、アラサーってすごい響きだなと思って、そこに向けて役者としてはもっともっとたくさんの役をやらせていただいて、渋くやっていけたらいいなと思っております。
その第一弾としてこの作品で、シーズン1以上に深く旬くんを演じられるよう頑張っていきたいと思いますので宜しくお願いします。
アラサー、頑張ります!

番組内容

須賀健太が演じる“柳葉旬”
1年ぶりに帰ってきた!!!!
寿司職人としてだけでなく、
人間の成長を描くヒューマンドラマ!!!

銀座「柳寿司」の三男坊・柳葉旬(須賀健太)は、父であり二代目である鱒之介(渡辺裕之)の病がきっかけで本格的に店を継ぐ事を決意、更なる高みを求めて父の師匠に修行を請うことに。
心を込めて寿司を握るとはどういうことか?伝統の江戸前寿司とは?
柳寿司に戻った旬の新たな意気込み、旬のひらめきの才能や技にほれ込む常連や新しい客との出会い…人情味あふれるエピソードを情感豊かに描く奮闘記であり、旬を取り巻く柳葉家の家族の物語。
主演の柳葉旬は、前回に続き須賀健太が、職人気質な厳格な父・柳葉鱒之介も引き続き渡辺裕之が演じます。前回の出演陣、柳葉真子役の佐藤玲、柳葉鱚一郎役の田中幸太朗、平政役の赤塚真人は続投します。
今回新キャストとして、放浪癖があり長いこと一つ所にいられない性格で18歳の時から家を離れて、大道芸をしたりしながら世界中を回っているが、たまに家に帰ってくる柳葉家の次男(柳葉鮭児役)に、渡部豪太が加わることになりました。

2019.10.11 新キャストに、渡部豪太!前回の出演陣の続投も決定!

新キャストに、渡部豪太!
さらに前作に続き、
佐藤玲、田中幸太朗、赤塚真人の続投も決定!

BSテレ東の2019年10月クール真夜中ドラマ枠(毎週土曜深夜0時)は、「江戸前の旬season2」を放送致します。原作:九十九森、劇画:さとう輝、「銀座柳寿司三代目 江戸前の旬」は、「週刊漫画ゴラク」(日本文芸社)で連載中の人気グルメコミックス。
主演(柳葉旬役)は、season1に続き須賀健太が、さらに職人気質な厳格な父(柳葉鱒之介役)も引き続き渡辺裕之が演じることは既報ですが・・・。
前回ラストイヤーの築地での撮影を終え、今回season2の撮影は、ドラマではとなる豊洲市場で撮影することになりました!
前回の出演陣、佐藤玲、田中幸太朗、赤塚真人の続投も決定!
さらに!今回(新)キャストとして、柳葉家の次男、放浪癖があり長いこと一つの所にいられない性格。18歳の時から家を離れて、大道芸をしたりしながら世界中を回っているが、たまに家に帰ってくる(柳葉鮭児役)に、渡部豪太が加わることになりました。
1年の時を経て、season2として帰って来る「江戸前の旬」をどうぞお楽しみください!

2019.10.11 主題歌はHalo at 四畳半の「花飾りのうた」に決定致しました!

主題歌は、書き下ろしの楽曲
「花飾りのうた」
Halo at 四畳半
(日本コロムビア/ TRIAD)
に決定致しました!

プロフィール

Vo&Gt渡井翔汰とBa白井將人が結成した前身バンドを経て、2012年6月にGt&Cho齋木孝平とDr&Choの片山僚が加入しHalo at 四畳半としての活動をスタート。
インディーズ時には3枚のミニアルバムと1枚のシングルを発売、全国ツアー、イベントライブや大型フェスなどライブを中心に活動。感情を刺激するサウンドと心情に届くリリックが話題となり、インディーズシーンを超えて、認知度を高めてきた。
2018年10月、日本コロムビア/TRIADよりメジャーデビューフルアルバム「swanflight」発売。
最新作は、今年6月にリリースしたミニアルバム『from NOVEL LAND』

Halo at 四畳半(Vo&Gt 渡井翔汰)コメント

前回の"悲しみもいつかは"に続き、再び主題歌に抜擢していただきました。
更に今回は書き下ろしということで、スタッフの皆さんと話し合い、自分なりに汲み取った旬の心模様と自身の感じる思いを織り交ぜて"花飾りのうた"という曲をかきました。
「江戸前の旬season2」とこの曲がどのように共鳴し合っていくのか、僕自身も放送されるその瞬間まで分かりません。是非一緒に体感してくれたら嬉しいです。

◆オフィシャルHP:
http://haloat4johan.com/

バックナンバー

    ©「江戸前の旬season2」製作委員会2019

    ページトップに戻る