キューバ・大自然を行く
 
  放送時間:毎週日曜 09:30〜10:00

 サルサ音楽、ラム酒、ヘミングウェイ。私たちがが「キューバ」と聞いて思い浮かべるイメージは、ラテンの香りが漂うカリブ文化の国という側面が強い傾向にある。社会主義国家という肩書きを持つためだろうか、キューバは日本からはとても遠い国の一つだ。

 最近でこそ、その異色の文化や街並みもテレビで放映されるようになり、それに魅了された日本人観光客も訪れるようにはなったが、依然、知られていない国であることには間違いない。ましてや、この国に雄大な大自然が残されていようとは、誰も想像すらしていないだろう。

 アメリカから近くて遠い国・キューバは、近隣諸国と比較しても、国土の開発が大幅に遅れた。石油などの地下資源があるわけでもなく、リゾート開発をする資金もないこの国では、結果として、手つかずの大自然が残されることになったのだ。

 日本では馴染みのないキューバの大自然を題材に、そこに棲息する珍しい生物や、その不思議な生態を紹介するネイチャードキュメンタリー番組。ハイビジョン撮影により、細部まで克明に描写された映像をお届けする。